自慢の攻撃陣が鳴りを潜める川崎...リーグ4試合で3得点の現状に指揮官も嘆き節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月14日

攻め続けるも、川崎が放ったシュートはわずか5本...

前半に決定機を迎えた家長。あの場面で決めていれば……。写真:茂木あきら

画像を見る

[J1リーグ8節]仙台0-0川崎/4月14日/ユアスタ

 終始、攻め続けた川崎だったが、最後までゴールへの扉は固く閉ざされたままだった。
 
 アウェーに乗り込んで仙台と対戦した川崎はスコアレスドローで試合を終え、またしても勝点3を掴めなかった。
 
 立ち上がりから攻撃を仕掛けた昨季のJ1王者。テンポの良いパス交換から何度もゴール前に迫った。決定機も作れていたが、前半に2度あった家長昭博のビックチャンスはいずれもポストを直撃してしまう。

 とにかく得点が欲しい川崎は後半開始から大久保嘉人、64分には齋藤学を投入。何とかこじ開けようとしたが、それでもゴールは生まれない。結局、最後まで歓喜の瞬間を迎えられずに試合終了のホイッスルが鳴った。
 
 試合後、鬼木達監督は「相手のハードワークに少し押し込まれてしまった印象が強い」と内容を総括。そして、攻撃面については、「ゴールに向かう姿勢をもっともっと出さないといけない。(ゴールが決められないのは)単純にシュートのところも含めてだと思います……」と、決定力不足に加えてシュート本数の少なさを嘆いた。
 
 仙台戦の引き分けで川崎は4戦勝ちなし。この期間中、ゴールは4試合で3得点しか奪えていない。「とにかく、勝点3を奪いにいきたいので、勝ち切るしかない」と次節に向けて意気込みを語った指揮官は、自慢の攻撃陣をどのようにして蘇らせるのだろうか。

【PHOTO】川崎フロンターレを応援する美女サポーターたち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ