なでしこ阪口がラスト5分の真相を明かす! W杯行きを決めた豪州との“暗黙の了解”

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月14日

同点直後にベンチからの送られた指示は「このままでいい」(阪口)

最後まで勝負に徹したなでしこジャパンは8大会連続のW杯行きを決めた。(C)Getty Images

画像を見る

 なでしこジャパンが、苦しみながらも8大会連続となる女子ワールドカップの出場権を手に入れた。

 勝利もしくは1-1以上での引き分けで、W杯の出場権を自力で獲得出来る日本女子代表。しかし、グループステージ・3節のオーストラリア戦は序盤から攻め込まれ、苦しい時間帯が続いた。

 何とか前半を0-0で乗り切った日本は、63分に長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が左サイドを打開。最後は阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)が値千金の先制弾を叩き込んだ。

 1点を守り切れば、W杯行きが決まる日本だったが、86分にサマンサ・カーに痛恨の同点ゴールを献上。残り4分でオーストラリアに試合を振り出しに戻されてしまった。
 
 それでも、日本は1-1でも世界への扉を開ける状況を踏まえ、引き分け狙いにシフトチェンジ。オーストラリアもこのままいけば出場が決まるため、まさに互いの“暗黙の了解”で激しい攻防は一転して日本の最終ラインでのボール回しに終始。これによって、なでしこジャパンは大舞台のチケットを手中に収めた。
 
 試合後、終盤のゲーム展開について、阪口が真相を明かした。

「選手の中には前に行きたいところも人もいたと思う。でも、ベンチに確認したらこのままでいいと言う指示が出た。なので、後ろでボールを回すことになりました」
 
 実際に同点となった直後、高倉麻子監督とコミュニケーションを取っていた阪口。引き分けでもW杯出場に支障がない状況と知り、日本は最終ラインでひたすらボールを繋いで試合終了のホイッスルを聞く格好となった。
 
 兎にも角にも日本はアジアカップのグループステージを2位で突破し、大舞台への挑戦権を掴んだ。選手とベンチの緻密なやりとりがなければ、最良の結果を掴むことはなかっただろう。

【画像】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがなでしこLデビュー! 最新厳選フォトをチェック!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24