怒涛の攻撃参加で鹿島を圧倒!FC東京を4連勝に導いた室屋成は、なぜ一皮むけたのか?

カテゴリ:Jリーグ

馬場康平

2018年04月13日

先制を許して迎えた39分、FC東京の右サイドを一陣の風が駆け抜けた

室屋は鹿島戦で2ゴールに絡む活躍!長谷川監督も賛辞を惜しまなかった。写真:田中研治

画像を見る

 超攻撃的サイドバックが、激しい上下動でFC東京を2016年以来の4連勝へと導いた。左サイドバックの小川諒也が「逆サイドにロケットみたいなヤツがいた」と表現した、室屋成がJ1初ゴールとオウンゴール誘発の”アシスト”でこの日の主役となった。
 
 先制を許して迎えた39分、FC東京の右サイドを一陣の風が駆け抜けた。右サイドの高い位置でボールを受けると、流れるような動きで対面の鹿島の西大伍を抜き去った。そこからグングンと加速して犬飼智也も振り切り、「(永井)謙佑くんを狙って速いボールを意識した」と、高速クロスを上げる。ゴール前に飛び込んだ永井には合わなかったが、これが植田直通のオウンゴールを誘発。試合を振り出しへと戻した。
 
 このワンプレーで勢いに乗ったDFは、55分にハイライトを迎える。橋本拳人がサイドに流れた永井に縦パス。それと同時に、背番号2はトップギアに入れ替え、猛然と右サイドを駆け上がった。永井からのヒールパスを受け取り、ゴール前までドリブルで運ぶ。そこから躊躇なく右足を一閃。
 
「ファーサイドを切られたので、ニア上というかGKに向かって思い切り振り切った」というシュートは、鮮やかにゴールネットを揺らした。
 
 試合後の室屋も、笑顔が耐えなかった。
 
「試合前に(太田)宏介くんから『今日は成が決める』と言われていた。宏介くんの予言が当たった」
 
 今季の室屋は、3月18日のリーグ3節・湘南戦から2試合連続で岡崎慎に定位置を奪われた。その際、長谷川健太監督から「本来の攻撃参加が足りない」と指摘された。その言葉が、室屋に火を付けた。この日の試合前も、逆サイドの小川に「今日はオレが行くから後ろで守っとけ」と言い、ガンガン縦へと仕掛けた。
 
「メンバーから外されたことに関してはネガティブになることはなかった。自分の力を信じていたので」
 
 持ち味を取り戻した室屋に対し、指揮官は「あらためて無尽蔵のスタミナがあると思った」と賛辞の言葉を惜しまなかった。帰ってきた右サイドの突貫アタッカーは、最高の笑顔を浮かべて言った。
 
「めちゃめちゃうれしかった。気持ち良かった」
 
取材・文●馬場康平(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ