無敗の広島が3連勝で首位固め! ティーラシン&パトリック助っ人揃い踏みで横浜撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月11日

互いにPKで1点ずつを取り合い終盤にもつれた試合は…

決勝点を含む2ゴールのパトリックが今季通算3点得点とした。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは4月11日、7節の9試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対横浜F・マリノスの一戦が行なわれ、首位の広島が3対1で勝利を収めた。

 試合は、立ち上がりから両チームの隙を見せない堅守が光り、手堅い展開に。しかし41分、横浜は浮き球のパスに走り込んだ中町が、広島DFの佐々木に倒されPKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラが沈め、横浜が先制した。

 前半を1点ビハインドとした広島は後半に入り51分、クロスボールに反応したティーラシンが横浜DFの山中に倒されPKを獲得。これをティーラシン自らが決め、広島が同点に追いついた。

 その後、中盤にスペースが生まれ始めると、互いにカウンターからゴール前に迫る展開に。そして79分、広島は柏がカットインからシュートを放つと、GK飯倉のはじいたこぼれ球にパトリックが反応。右足で冷静に押し込みネットを揺らした。広島が勝ち越しに成功する。

 さらに広島は90分、前掛かりになった横浜の背後を突いてカウンターから再びパトリックが決め、勝負を決定づける3点目をゲット。結局、広島が3-1で勝利し、首位固めに成功した。

 広島はリーグ戦3連勝で、いまだ無敗の6勝1分け。勝点を19に伸ばした。横浜は2勝2分け3敗で勝点8となっている。
【関連記事】
J1首位・広島が体現するハリルの“デュエル”。しかし、コントロールができなければ…
首位に再浮上した“城福サンフレッチェ”。躍進の理由は守備にあり?
【J1ベストイレブン】最高点「7.5」で広島の守護神をMVPに! FC東京の東を2週連続でセレクト|6節
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
ワールドクラスの美女揃い! W杯出場選手の「美人パートナー」たちは必見だ!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ