広島が柏を破り首位キープ! 守護神・林卓人がPKの大ピンチでビッグセーブ!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月08日

古巣対決となった工藤のポストプレーを起点に佐々木が決勝点。

17分に先制点を挙げた佐々木。広島が首位をキープした。写真:田中研治

画像を見る

 J1リーグは4月8日、6節の4試合を開催。三協フロンテア柏スタジアムでは、柏レイソル対サンフレッチェ広島の一戦が行なわれ、アウェーの広島が1対0で勝利を収めた。


 首位の広島をホームに迎えた柏は、日本代表GKの中村航輔が負傷欠場。代わって桐畑和繁がゴールマウスに立った。序盤はともに慎重な立ち上がりを見せたが、均衡が破れたのは17分、広島は古巣・柏との対戦となった工藤壮人のポストプレーから右サイドの和田拓也へ展開。和田のクロスは、逆サイドへ流れたが、これを佐々木翔が豪快に左足で叩き込んだ。広島が1-0とリードする。

 前半を1点リードで折り返した広島は後半も安定した戦いぶりを見せるが、柏は75分に途中出場の山崎亮平がペナルティエリア内で和田に倒されPKを獲得。スローVTRでは微妙なボックス際の微妙な判定ではあったが、PKとジャッジされた。

 絶体絶命のピンチとなった広島だが、ここで守護神の林卓人がキッカーのクリスティアーノのシュートを見事に読み切り、ビッグセーブ。柏に同点ゴールを許さない。

 柏は、後半アディショナルタイムにもクリスティアーノが決定的なヘディングシュートを放つが、今度はクロスバーに阻まれてしまう。
 
 結局、試合は1-0でタイムアップ。広島が柏を破り、勝点を16に伸ばして首位をキープした。一方の柏は連勝ならず、勝点8にとどまっている。

【柏0-1広島PHOTO】佐々木が強烈弾! 守護神の林がPKセーブ! 広島が首位キープ!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ