敗退決定直後の一戦…難しい状況下でドローに持ち込んだ内容に川崎の指揮官は

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月05日

「選手たちはプライドを持って戦ってくれていた」(鬼木監督)

川崎は身体を張った守りでJ1王者の意地を見せ、何とか引き分けに持ち込んだ。(C)Getty Images

画像を見る

[ACLグループステージ5節]川崎 1-1 上海上港/4月4日/上海体育場

 キックオフ前にACLの敗退が決まる難しい状況下で臨んだ試合で意地を見せた。

 フッキ、オスカール、エウケソンの元ブラジル代表トリオを擁する上海上港と対戦した川崎は、身を挺した守りで中国のタレント集団を相手に善戦。後半にセレソン経験者3人のコンビネーションから失点を喫したが、知念慶のゴールで同点に追い付いてアウェーの地で勝点1を掴んだ。

 試合後、鬼木達監督は「スタートから自分たちらしい戦い方でゴールを目指してくれたと思います。難しいゲームでしたが、追いつくことが出来ました。できれば、逆転したかったですけど、選手たちは良いプレーをしてくれたと思います」と総括。そして、キックオフ前に敗退決定の報を受けながらも勇戦した選手たちを称えた。

「敗退が決まってしまいましたが、それが分かっていたなかでも選手たちはプライドを持って戦ってくれていたと思います」

 アジアでの戦いは終戦となった。それでも、最後まで懸命に戦った経験は財産になる。今後のリーグ戦で、川崎はどのような戦いを見せるのだろうか。

【PHOTO】川崎フロンターレを応援する美女サポーターたち
【関連記事】
【ACL】試合前にGS敗退決定の川崎。上海上港に先制されるも何とか1点を返してドロー
キックオフ前にGS敗退決定… 無情な宣告を受けた川崎のACLは終戦に
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
なぜオフサイドに?"疑惑の判定"でゴールを取り消された川崎の選手たちの声は?
金曜開催のJリーグは新機軸となりうるのか? 賛否両論、クラブ側の本音を聞いた

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ