「ゾーンに入った」G大阪の長沢駿が圧巻4ゴールで名古屋を粉砕!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月04日

前半だけで4得点!「なかなかない経験でした」

チームの全得点を叩き出した長沢。1点目をしっかり決められたことが、その後の3ゴールにつながったという。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァン杯グループステージ3節]名古屋1-4G大阪/4月4日/パロ瑞穂
 
 圧巻のゴールショーだった。
 
 アウェーに乗り込んだルヴァンカップ3節の名古屋戦で、G大阪の長沢駿が4ゴールを叩き込み、勝利に大きく貢献した。
 
 まずは5分、倉田秋のミドルのこぼれ球を押し込んで1点目を挙げると、16分には初瀬亮のクロスに頭で合わせて追加点。さらに29分にファン・ウィジョのクロスをヘッドで仕上げ、41分には倉田の低いクロスを冷静に押し込んだ。
 
 前半だけで4得点。殊勲のFWは試合後のヒーローインタビューで「1点目はこぼれてくると信じていた」と笑顔を見せ、以降の3ゴールについては「あそこ(1点目)でちゃんと詰めれて点を取れてからは、ゾーンに入ったというか、点を取れる感覚しかなかったです、あとの3点はすべてイメージ通りで、なかなかない経験でした」と明かした。
 
 リーグ戦では未勝利で最下位に沈むG大阪だが、ルヴァンカップでは2勝1分で2位に浮上している。「リーグはかなり苦しい状態なので、こういう結果をリーグでも残せるようにチームで頑張っていきたい」と長沢が語ったように、この大勝を浮上のきっかけとしたいところだ。
【関連記事】
監督交代の浦和、新体制初陣は広島とスコアレスドローに
【ACL】攻撃陣が空回りの柏が0-2で痛恨の黒星! 最終節を前にGL敗退が決定!
【ブンデス日本人の現地評】誰も結果を残せなかった週末だが…長谷部、原口は及第点以上
【セルジオ越後】今回のベルギー遠征で株を上げたのは、香川や清武、吉田だね
「モンスター級!」「歴史的だ」「どの惑星から到来?」芸術オーバーヘッドのC・ロナウドに止まぬ各国メディアの称賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ