監督交代の浦和、新体制初陣は広島とスコアレスドローに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月04日

互いにスタメン総入れ替えで挑むも決定打は打てず

ナバウトは強靭なフィジカルを活かして攻守に奮闘した。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[ルヴァン杯グループステージ3節]広島0-0浦和/4月4日/Eスタ

 ルヴァンカップのグループステージ3節・広島対浦和が4日、エディオンスタジアム広島で行なわれ、0-0の引き分けに終わった。この結果、広島はCグループの首位をキープ。浦和はG大阪に抜かれ、3位に後退した。
 
 試合は互いにフレッシュな面々がスタメンを飾った。広島、浦和ともに直前のリーグ戦から総入れ替え。ホームの広島はティーラシンや川辺駿らが先発に名を連ね、2日前に堀孝史監督を解任し、大槻毅暫定監督が指揮する浦和は、怪我から復帰した森脇良太やルーキーの荻原拓也、新加入のアンドリュー・ナバウトらを起用した。
 
 静かな立ち上がりを見せた試合は、25分も過ぎた頃から互いにゴールを脅かす場面が生まれ始める。
 
 広島は27分、ティーラシンのポストプレーを受けた川辺が左サイドを持ち上がってクロスを供給。最後はゴール前に走り込んだティーラシンが決定的な場面を迎える。一方の浦和も直後の28分にナバウトがドリブルでエリア内に持ち込み、豪快なシュートを放った。いずれもGKにセーブされたが、ゴールになっていてもおかしくないシーンだった。
 
 浦和はさらに前半終了間際にマルティノスのクロスに李忠成が飛び込んで惜しい場面を迎えたが、わずかに合わず。0-0でハーフタイムに突入する。
 
 後半に入ると、広島がティーラシンに代えて工藤壮人を投入し、前線をテコ入れする。対する浦和も58分に荻原を下げて長澤和輝を送り込み、1点を狙った。
 
 しかし、互いに集中力が高く、守備に綻びが生まれない。浦和は右サイドのマルティノスが積極的に突破を狙うも、クロスが撥ね返されてチャンスに結びつかず。広島は試合終盤に工藤がクロスに合わせて惜しいシュートを放ったが、これは枠を外れた。
 
 結局、互いにゴールが奪えないまま試合は終了。0-0で勝点1を分け合った。
【関連記事】
【浦和】大槻体制はあくまでも“暫定”。淵田社長と山道強化部長が監督交代の経緯を説明
【J1ベストイレブン】MVPは2ゴールの磐田エース!! 初白星のC大阪からは韓国人FWをセレクト!|5節
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
【セルジオ越後】今回のベルギー遠征で株を上げたのは、香川や清武、吉田だね
コートジボワール代表FWに衝撃の疑惑が浮上! 偽っていたのは年齢だけじゃなく…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ