ネイマールとは真逆!? オーバメヤンがハットトリックを捨ててPKを譲った理由は?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年04月04日

カムバックしたフランス代表FWのために…。

ハットトリックを捨ててPKキッカーをラカゼットに譲ったオーバメヤン。冬に加入したストライカーの粋な計らいだった。 (C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグ31節のストーク戦で、アーセナルのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが素晴らしい“チームプレー”を披露した。
 
 2-0で迎えた試合終盤の出来事だった。89分、アーセナルがPKのチャンスを得る。キッカーはすでに2ゴールを決め、ハットトリックがかかっていたオーバメヤンだと誰もが思っていた。

 だが、PKスポットに向かったのは、61分に途中出場していたFWのアレクサンドル・ラカゼット。膝の怪我が完治し、約7週間ぶりにカムバックを果たしたフランス人FWは、このPKを落ち着いてゴール右隅に蹴り込んだ。
 
 ラカゼットを中心に喜びの輪ができる。真っ先に駆け付けたのは、オーバメヤンだった。試合後、PKを譲った理由をアーセナルの公式ツイッターが発信。そこには、オーバメヤンの言葉としてこう綴られていた。
 
「俺は2点決めていたからな。復帰したラカゼットにゴールを取らせてあげたかった。普通のことさ。(ラカゼットが)自信を取り戻すには、もってこいだろ」
 
 この日、オーバメヤンは前の週に亡くなったおばあちゃんの名前を刻んだヘアスタイルでプレーしていた。彼にとってもストーク戦は特別な試合だったはず。そんななかでも怪我から復帰したチームメイト――しかもCFのポジションを争うライバルだ――を想い、キッカーを譲った行為は称えられるべきだろう。
 
 今シーズンのパリ・サンジェルマンでは、PKのキッカーを巡りネイマールとエディンソン・カバーニが対立した。FWとしてゴールにこだわるのは当然であり、だからこそ2人はトッププレーヤーとして君臨しつづけられるのだろう。ただ、勝利を呼び込むには同じくらい “チームプレー”も重要だ。
 
 すでに10敗を喫するなど今シーズンは不振に喘ぐアーセナルに、ポジティブな雰囲気をもたらしたオーバメヤン。冬に加入したこの点取り屋が、復権に向けたチームのピッチ内外のキーマンと言えそうだ。
【関連記事】
「モンスター級!」「歴史的だ」「どの惑星から到来?」芸術オーバーヘッドのC・ロナウドに止まぬ各国メディアの称賛!
「マラドーナやペレに匹敵」ブッフォンがC・ロナウドに脱帽!
【CL ユベントス×R・マドリー|採点&寸評】2G1Aの大活躍! MOMは“ユーベ・キラー”ぶりを発揮したC・ロナウドに
デ・ブルイネがプレミア年間MVPに自身を推薦! クロップ監督は「サラーが100%受賞に値する」
リネカー、オーウェン、クラウチ… C・ロナウドのゴラッソにOB・現役選手から賛辞が続々!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ