「今日は違った自分を見せたいと思った」田中亜土夢が覗かせた新たな姿勢

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2018年04月04日

DFと1対1になれば果敢にドリブルで剥がし、チャンスメイク。

持ち味を存分に発揮して勝利に貢献した田中。果敢な姿勢も好印象だった。写真:川本学

画像を見る

[ACLグループステージ5節]C大阪2-1済州/4月3日/長居
 
 セレッソ大阪の田中亜土夢は、ACLグループステージ5節の済州戦に左サイドハーフで先発出場。16分にはCKで片山瑛一のゴールをアシストし、勝利に貢献した。
 
「メンバーが変わっても良い入り方ができて、プレスもしっかりかけられて自分たちのボールにできた。そういうところが勝ちにつながった。前のJリーグ(5節の湘南戦)でしっかり勝ったというのもありますし、良い流れがそのままACLでも続いて、みんながそういう良い気持ちでやれた」
 
 田中は済州戦をこう振り返る。3日前の湘南戦での出場はなかったものの、チームの“良い勢い”はこのMFにも波及しているようだ。
 
 田中はこの済州戦で、アシストだけでなく、豊富なスタミナを活かして精力的にアップダウンを繰り返して攻守に厚みをもたらした。プレスバックを怠らず、右SBの片山と相手を囲い込んではボールを奪い、カウンター時には長距離を駆け上がり、決定機にも顔を出す。その働きはチームが主導権を握るうえで欠かせなかった。
 
 田中は持ち味を存分に発揮してみせたが、それだけではない。DFと1対1になれば果敢にドリブルで剥がし、チャンスメイクも試みた。
 
「あまりドリブルをするタイプじゃないんですけど、今日は違った自分を見せたいなと思いました。積極的なところが出たかなと」
 
 新たな一面を覗かせた田中が、C大阪の戦術の幅を広げるかもしれない。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ