「史上最も記憶に残るデビュー」「筆舌尽くしがたい」2ゴールを決めたイブラヒモビッチに地元紙も唸る!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月01日

「ファンに“ズラタン”を与えてやった」。

華々しいデビューを飾ったイブラヒモビッチ。周囲の期待に応える見事なパフォーマンスだった。 (C) Getty Images

画像を見る

 ハリウッドのお膝元で“百獣の王”は華々しいスタートを切った。
 
 現地時間3月31日、アメリカのメジャーリーグサッカー5節が行なわれ、ロサンゼルス・ギャラクシーが同じ街のライバル、ロサンゼルスFCを4-3で撃破した。このダービーマッチで格の違いを見せつけたのは、LAギャラクシーに入団したばかりの元スウェーデン代表FW、ズラタン・イブラヒモビッチだった。
 
 30日に入団会見を行なったばかりのイブラヒモビッチがピッチに登場したのは、チームが2-3とリードされた71分だ。ここからファンを虜にする圧巻のゴールショーを見せつける。
 
 まずは、77分。味方が自陣から跳ね返したルーズボールを相手陣内で受けたイブラヒモビッチは、ゴールまで約35メートルの位置で右足を一閃。ハーフボレーから放たれた強烈なドライブシュートは、前掛かりになっていたGKの頭上を越え、ゴールネットに突き刺さった。
 
 このスーパーゴールでロサンゼルスのファンを沸かせたイブラヒモビッチは、後半アディショナルタイムの1分にも魅せる。左サイドを駆け上がった元イングランド代表DFアシュリー・コールからのクロスに頭で合わせ、逆転弾を決めたのだ。

 
 わずか20分で2ゴールというセンセーショナルなデビューを飾ったイブラヒモビッチは、前日の入団会見で「アドレナリンが漲っている。見てからのお楽しみだ」と活躍を誓っていたが、まさに有言実行のパフォーマンスとなった。
 
 そんなイブラヒモビッチだが、試合後もエンジン全開でゴールを決められた要因をあかしている。
 
「俺はファンが『ズラタンを見せろ。ズラタンを欲している』ってチャントしていたのを聞いた。だからファンにズラタンを与えてやったんだ」
 
 まさに千両役者っぷりを見せつけたイブラヒモビッチへは地元紙『Los Angeles Times』も絶賛している。「最も記憶に残るデビューだ」と伝えた同紙は、さらにスーパースターへの賛辞を綴っている。
 
「イブラヒモビッチは、MLS史上で最も記憶に残る良いスタートを切った。非現実的とまではいかないが、彼がやってのけたことは筆舌に尽くしがたい。イブラヒモビッチの登場は誰の予想も上回る最も凄まじいデビューだ」
 
 デビュー戦で鮮烈なインパクトを残したイブラヒモビッチ。「勝つためにここにきた」と宣言する男は、ここからどのような伝説を築き上げるのか。そのパフォーマンスから目が離せない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ