レバンドフスキの脅威、守備の不安…ポーランドが劇的勝利の韓国戦で見せた様々な側面

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月28日

試合は後半終了間際に大きく動いた

ピンポイントのパスではなくても、フィニッシュまで結び付けてしまうレバンドフスキ。ゴール前にボールを入れさせることすら、対戦相手にとっては大きな危険となる。写真は先制点の場面。 (C) Getty Images

画像を見る

 3月27日(現地時間)、国際親善試合でポーランドが3-2で韓国を下した。
 
 ロシア・ワールドカップのグループステージ最終戦で日本と対戦するポーランドは、3バックで韓国戦に臨んだ。出場メンバーは以下の通り。
 
GK:シュチェスニー
DF:(右から)パズダン、グリク、ピシュチェク
MF:リブス、マチンスキ、ロマンチュク、イェンジェイチック
2列目:グロシツキ、ジエリンスキ
CF:レバンドフスキ

 23日にナイジェリアと対戦した際には0-1で敗れたポーランドは、コルソフに韓国を迎えた一戦、立ち上がりからボールを保持して攻勢に出た。
 
 様子見の静かな段階を経て、10分にはジエリンスキのスルーパスでレバンドフスキが決定機を無仮想になるが、トラップが大きく、GKキム・スンギュにキャッチされる。対する韓国はその1分後、チョン・ウヨンのスルーパスに抜け出したイ・ジェソンが惜しいシュートを放った。
 
 ポーランドはポゼッションでは大きく勧告を上回るも、パスの繋ぎがあまり良くなく、縦に放り込むプレーが多い。これに対し、韓国は5バックで対抗してはね返し続ける。
 
 韓国はレバンドフスキに対して、CBが常にマークするのはもちろん、彼に対してボールを入れさせない守備を見せる。攻撃では、相手守備ラインの裏側を狙い、チャンスを作りかけた。
 
 しかしポーランドは22分、ジエリンスキが粘って右サイドからクロスを上げると、レバンドフスキが頭で合わせる。これはキム・スンギュが好セーブで防いだものの、このバイエルンのストライカーの前では、守備陣はわずかの隙を見せることも許されない。
 
 30分にソン・フンミンがハーフウェーライン付近からドリブルで突き進んでシュートまで持ち込んだ韓国だが、その1分後、右サイドを空けてしまい、リブス、グロシツキと繋がれて入れられたクロスを、レバンドフスキに頭で合わせられ、今度はゴール左隅に決められた。
 
 抜群の決定力を見せたレバンドフスキは、38分には自陣深くで自らクリアしたプレーから、韓国DF陣にプレッシャーをかけて自ボールとし、グロシツキの決定機を演出するなど、フィニッシュ以外の部分でも存在感を示す。
 
 失点後にファン・ヒチャンを投入して4バックに移行した韓国は、ソン・フンミンのきどいセットプレーや、ファン・ヒチャンの抜け出しなどでチャンスを作ったが、逆にポーランドは44分、グロシツキが右からのスルーパスで抜け出し、確実にシュートを決めてリードを広げた。
 
 後半、ポーランドはレバンドフスキ、ピシュチェク、シュチェスニーがベンチに下がり、韓国も2人が交代。試合はアウェーチームが攻勢に立ち、48分にはパク・チュホの左からのクロスに対するクリアが小さくなったところをイ・ジェソンが詰めるが、GKスコルプスキにブロックされる。
 
 54分にもソン・フンミンが思い切ったシュートを放つなど、韓国は守備の甘くなったポーランドを押し込んでいく。一方、守備では、ポーランドの単調な攻めに対しては最終ラインが冷静に対応してはね返していった。
 
 ポーランドは後半、さらにグリクも交代。完全に選手のテストモードに入った。61分に登場したミリクは幾つかチャンスを作るも、チームは全体的にラインを下げて守備に重きを置いており、見せ場も乏しく、ミリクの数本のシュートも枠を捉えられなかった。
 
 攻勢の韓国も、チェ・チョルソンが右サイドを再三駆け上がって勝負を仕掛ける姿が印象的だったが、なかなか決定機には結び付かない。
 
 しかし85分にイ・チャンミンがミドルシュートをゴール左隅に突き刺すと、さらに86分、ソン・フンミンのスルーパスでパク・チュホが抜け出し、マイナスのクロスをファン・ヒチャンがフリーで決めて、あっという間に同点としてしまった。
 
 終盤で試合を振り出しに戻されたポーランドだったが、アディショナルタイムに多重攻撃を仕掛け、ジエリンスキが左足で巻くテクニカルなシュートをゴール左隅に流し込んで再び勝ち越し。間もなく、試合終了となった。
 
 やはりポーランドは、レバンドフスキの力が図抜けており、ゴールゲッターだけでなく、チャンスメーカーにもなれる彼を抑えられるか否かが、対戦相手にとっては試合結果そのものを左右するということが、改めて示された。
 
 その一方で、この試合では、攻撃の組み立て、守備などに不安を感じさせた。ポーランドがこれを本大会までに改善してくるのか。そして日本は、この点から勝機を見出せるか。
【関連記事】
【セルジオ越後】今回のベルギー遠征で株を上げたのは、香川や清武、吉田だね
【日本1-2ウクライナ|採点&寸評】頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…
【セルジオ越後】必死さが足りなかった本田は、見切りをつけられたかもしれない
【日本1-1マリ|採点&寸評】再び悪夢の大島、散々の宇賀神…“新鋭”中島の同点弾で引き分けもW杯へ暗雲か
「おそらくは史上唯一のゴール」ドイツで生まれた“最驚の一撃”がブンデス公式で復活!
「左足、ヤバくね?」「即戦力だよ!」ドルトムントが“ボルト狂騒曲”に揺れる!
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ