レアル・マドリーとミランが綱引き デ・シリオやカゼミーロを巡って

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年06月09日

お互いのチーム強化に相手の戦力を。

ミランで師弟関係だったアンチェロッティ(左)とインザーギ(右)。戦力強化で互いに助け合うのか。写真はアンチェロッティがパリSG監督時代の12年1月に撮影されたもの。 (C) Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーとミランの間で綱引きが始まった。きわめて友好的な関係にあるマドリーのカルロ・アンチェロッティ監督とミランのフィリッポ・インザーギ次期監督は、お互いのチームの強化に相手の戦力を活用しようと目論んでいる。
 
 マドリーでは、2019年まで契約を延長したファビオ・コエントランの残留が確定したものの、もうひとりの左SBマルセロは、アンチェロッティにとってファーストチョイスではないことに不満を持っており、好条件のオファーがあれば移籍も考えるという姿勢を見せている。その場合、ミランのイタリア代表SBマッティア・デ・シリオは理想的なバックアップになりうる。
 
 一方インザーギにとっては、マドリーのブラジル人MFカゼミーロが魅力。そのカゼミーロと同ポジションのナイジェル・デヨングは、ミランとの契約をあと1年残しているが、クラレンス・セードルフ前監督とあまりにも近い関係にあったこともあり、来シーズンも残留するかどうかは微妙な状況だ。退団となった場合には、カゼミーロがその後釜候補として浮上してくることになるだろう。
 
 ミラノとマドリード。今後の展開から目が離せない。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
ミランのカカ、古巣サンパウロへの移籍も検討材料に
【移籍市場超速報】ミラン、アレックスとの契約が大筋合意
ミラン インザーギ新政権発足へ、進むスタッフ人事
カネより名誉 R・マドリーのアンチェロッティ監督が年俸900万ユーロのメガオファーに「NO」
【移籍市場超速報】サーニャ 契約を更新せずマンチェスター・シティへ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ