ミラン インザーギ新政権発足へ、進むスタッフ人事

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年05月29日

ガッリアーニ副会長と来シーズンの構想について会談。

インザーギの監督就任が決まり、新体制作りが着々と進むミラン。写真は、選手も参列した新クラブオフィスビルの落成式典。 (C) Getty Images

画像を見る

 ミランのトップチーム監督昇格が事実上決まったフィリッポ・インザーギは、5月28日午後、代理人のトゥーリオ・ティンティと共にミランのクラブオフィスを訪れ、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長とスタッフ構成など来シーズンに向けた構想について話し合いを持った。
 
 当初助監督には育成部門総責任者のフィリッポ・ガッリが有力視されていたが、本人が現職に留まりたいという強い意向を見せたために、カルロ・アンチェロッティ監督時代の2003年から歴代の指揮官に助監督として仕えてきたマウロ・タッソッティがそのまま残る可能性が高まっている。
 
 タッソッティは今シーズン限りでミランを去り、これまで仕事を共にしたマッシミリアーノ・アッレグリ元監督のスタッフとして新たなキャリアをスタートする意向を持っていたが、そのアッレグリにいまのところ説得力のあるオファーが届いておらず、来シーズンは浪人生活を送る可能性が強くなってきた。それを受けてタッソッティも、ミラン残留の可能性を改めて検討し始めたという流れだ。
 
 スタッフには、プリマベーラ(U-19)でインザーギと組んでいたアンドレア・マルデーラ(アシスタントコーチ)、ベニアミーノ・アバーテ(GKコーチ、右SBイグナツィオ・アバーテの父)、ニコラ・マッテヌッチ(ゲーム分析担当)が加わる見通しだ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ