J2最高評価のゴールが2週連続で徳島から! 元U-17代表のドリブル&ファインショットが必見!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月20日

鹿島から期限付き移籍中の杉本太郎がキレのあるドリブルから…

2シーズン目を迎えた徳島で10番を託された杉本太郎。攻撃の核として欠かせない存在だ。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J1に続いてJ2も、小兵アタッカーのファインショットが最高評価を獲得した。
 
 DAZNは3月19日にJ2の「DAZN週間トップ5ゴール」を公式ツイッター上で発表。今節生まれた28ゴールのなかから、選りすぐりの一撃が選出されている。
 
 トップ評価を獲得したのは、徳島に所属する杉本太郎が決めた鮮やかなドリブル&シュートだ。千葉戦の45分に左サイドでボールを受けた162センチの10番は、巧みなボールタッチでペナルティエリア内へと侵入。最後は右足を迷わず振り抜き、逆サイドネットに強烈なシュートを叩き込んだ。

 12年のU-16アジア選手権でMVPを受賞した経験を持つドリブラーのゴールにより、徳島は2週続けて最高評価の選手を輩出する結果となった。
 
 2位にはジネイ(甲府)の今季初ゴール、3位には小川佳純(新潟)のベテランらしいコントロールショットがランクイン。4位に入った東京五輪世代の宮崎幾笑(金沢)は細かくボールを触りながら、得意の左足で強烈なシュートを決めた。5位の岩上祐三(松本)もショートコーナーからGKが一歩も動けない鮮烈弾を沈めており、こちらも見逃せないファインゴールだ。
 
 J1とは異なり、中断期間を設けていないJ2は21日に次節が行なわれる。明日の試合でどのようなゴールが飛び出すのか、注目が集まる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ