G大阪育ちのSBが決めた鮮烈弾にJ2トップ評価!「今節のDAZN週間ベスト5ゴール」が必見!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月12日

内田に続いて好評価を得たのはアラン・ピニェイロの豪快オーバヘッド弾!

迷うことなく得意の左足を一閃!!G大阪育ちの攻撃的SBが大仕事をやってのけた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J2の3節で生まれたゴールは全部で29。そのなかから「今節のDAZN週間ベスト5ゴール」が選定され、12日に公式ツイッター上で発表されている。

 栄えある1位に輝いたのは、徳島の内田裕斗が決めた鮮やかなボレー弾だ。ゴールが生まれたのは大宮戦、スコアレスで迎えた52分。CKを獲得すると、相手の意表を突くサインプレーでボールはペナルティアーク付近に供給される。これに反応した内田は得意の左足を振り抜き、チームに勝点3をもたらすファインショットを叩き込んだ。

 決勝弾を決め、最高評価を受けた内田は、自身のツイッター上で「ヴォルティスのサッカーをして 次もみんなで勝つ!!」と次節への意気込みを力強くコメントした。今週もG大阪育ちの攻撃的SBが左足で魅せるのか注目だ。
 この内田のゴールに続き、今節の2位にランクされたのはアラン・ピニェイロの豪快オーバーヘッド弾。先週まで2週連続でアクロバティックな一撃が1位となっており、再びダイナミックなゴールが脚光を浴びる形となった。

 3位には岐阜・風間宏矢のテクニカルなドリブル突破から決めたミドルシュートがランクインし、4位には岡山の赤嶺真吾が身をよじりながらねじ込んだ圧巻ボレー弾が入った。

 そして、5位には現在4得点でJ2の得点王争いトップを走る、オナイウ阿道(山口)のゴラッソが選出されている。

 今節も様々なゴールが生まれた。次節はどんな秀逸弾がトップ5に入ってくるのだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ