【異才のシンクロ】中村俊輔が語る指揮官・名波浩の実像

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年03月17日

「名波さんはそのへんのマネジメントや方向付けが上手い」

磐田では時に黒子役に徹することもあるが、そうしたプレーも名波監督から評価してもらっているようで、「ストレスを感じることはない」という。写真:徳原隆元

画像を見る

 ともに左利きで、日本代表でも10番を背負い一時代を築いたふたりは今、同じチームで監督と選手という立場で戦っている。
 
 名波浩と中村俊輔。日本が生んだファンタジスタ同士、共感する部分は多いのではないだろうか。
 
 名波監督の下、俊輔は磐田でトップ下や2列目の右サイド、シャドーと複数のポジションをこなす。時に、チームメイトの良さを引き出すために黒子役に徹し、フィニッシュに直接絡めない時もあるが、「そこまでストレスを感じることはない」のは、「名波さんも分かってくれていると思うから」だろう。
 
 たとえアシストができなくても「ゴールにつながる前の前の前ぐらいのパスが効いていた、というのが分かってもらえるだけでも嬉しい」と俊輔は語る。指揮官のシーズン中の手綱捌きについては「課題を見つけて、修正して。毎週、毎週、その繰り返しだけど、名波さんはそのへんのマネジメントだったり、次に向かわせるための方向付けが上手いし、スムーズ」と全幅の信頼を寄せる。

信頼できる指揮官の下、俊輔は思い切りサッカーに打ち込めている。(写真は昨季のホーム川崎戦)。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 俊輔はトップ下に強いこだわりを持つが、磐田では率先して右サイドでもプレーする。
 
「そこは名波さんとも相談しているから。チームが成長できるなら、それでいい。そこに喜びも感じているのは間違いない。チームメイトが伸び伸びとやって、サッカーの楽しさを存分に味わう。そこで俺に何ができるか」
 
 ふたりの関係性は良好そのもの。「お互いをリスペクトし合っていて、人と人とのつながりが太い」磐田というクラブで、俊輔は思い切りサッカーに打ち込めている。チームの勝利のために、全力を注ぐ覚悟でいる。
 
「だから、上から目線な言い方かもしれないけど、なおさら勝たせたいと思う。中村俊輔を獲得したことが、間違いではなかったと証明したい」
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥
【関連記事】
【異才の思考】中村俊輔が「理想的」と挙げたお気に入りのアシストとは?
中村俊輔も課題を歓迎 「フィット具合はまだ3割」も田口泰士が磐田にもたらす新たな刺激
孤高の名手、松井大輔が語る「中村俊輔、黄金世代、そしてキングカズ」
今も胸に残る中村俊輔からの助言――18歳・山田康太が明かすあの夏のエピソード
鹿島はなぜ優勝できなかった? “当事者”だからこそ中村俊輔の重みある忖度

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ