【ACL展望】C大阪×ブリーラム|柿谷が欠場濃厚… 2トップ組み換えで杉本のパートナーは誰に?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月14日

C大阪――公式戦では5戦連続未勝利だが…。

故障者/C大阪=柿谷、清武、福満、秋山、澤上
出場停止/C大阪=なし

画像を見る

ACLグループステージ4節
セレッソ大阪(日本) ブリーラム・ユナイテッド(タイ)
3月14日(水)/19:00/大阪長居スタジアム
 
【最新チーム事情】
●勝点3が求められる一戦。リーグとの連戦ながら主力が起用される見込み。
●左足首痛を抱える柿谷が欠場濃厚。先発2トップは組み替えに。
●敵地でのブリーラム戦で右MFとして先発した田中亜が、左MFで先発する可能性が浮上。
 
【担当記者の視点】
 C大阪にとってリベンジを懸けた一戦は、何より勝点3が求められる。アウェーで行なわれた6日の3節・ブリーラム戦では、メンバーを大幅に入れ替えフレッシュな面々で挑んだが、結果的に0-2で敗れた。これで1勝1分け1敗となりグループ3位に後退。今度はホームに迎えるブリーラムとの再戦は、ラウンド16に進出するために勝利が欲しい状況となった。
 
 リーグ3節の柏戦から中3日ながら、主力も試合に向けて調整を続けており、今回はベストメンバーで臨むことが予想される。ただ、以前から左足首に痛みを抱えていた柿谷曜一朗が別メニュー調整中で、ブリーラム戦を欠場することが濃厚になった。代役となるのは韓国代表FWのヤン・ドンヒョンかMFの山村和也といったところか。
 
 今大会初ゴールの期待が懸かる日本代表FWの杉本健勇は「“勝ちたい”というよりも“勝たなあかん”。そういうゲームにしないといけない」と意気込みを語る。勝点3がマストというのは、当然ながら選手たちも十分に認識している。
 
 現在、チームは公式戦5試合連続未勝利。MF秋山大地ら負傷者も増え始めているなか、まずは勝って流れを変えたいところだ。ブリーラム戦に向けた調整では、右MFでプレーしてきた田中亜土夢が左MFでも練習しており、その位置で先発する可能性が浮上している。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ