GS敗退のピンチ… 川崎ゲームキャプテンの谷口彰悟「最後の2試合に日本の意地を」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月13日

「チャンスも多く作れていたが…」

試合に敗れ、うなだれる川崎の選手たち。GS突破はいよいよ厳しくなった。(C) Getty Images

画像を見る

[ACLグループステージ4節]メルボルン1-0川崎/3月13日/メルボルン
 
 川崎が再三のチャンスを逃し続けたツケを後半アディショナルタイムに払わされた。
 
 前半から大久保嘉人のクロスバー直撃のハーフボレーや、森谷賢太郎のミドルなど決定機を量産した川崎。しかし、決め手を欠き終盤に突入すると、連戦と長距離移動の疲れからか川崎の足が急速に止まり出す。そして0-0で迎えた91分、川崎は自陣に釘付けにされると、最後はコスタ・バーバルーゼスに決勝ゴールを叩き込まれ万事休す。グループステージ突破が極めて厳しい状況に追い込まれる1敗を喫してしまった。
 
 この日ゲームキャプテンとして腕章を付けた谷口彰悟は、試合後のフラッシュインタビューで、次のように試合を振り返った。
「立ち上がりから悪くなかったですし、チャンスも多く作れていた。そこで1点でも決めかったというのが正直なところですが、最後の最後で決められない。そこがまだまだだなという気がします」
 
 直近のリーグ3節・G大阪戦では低迷する相手からきっちりと2ゴールを挙げ勝ち切った川崎だったが、このACLではいまだ勝負強さを発揮できず、積み上げた勝点は1止まり。グループステージを突破するためには、残り2連勝はもちろん、他チームの星の潰し合いも期待しなければならない。
 
 谷口は今後の抱負を求められると、「これを勝てなかったのは正直残念。最後の2試合に日本の意地を見せて、勝てるように頑張ります」と答えるのが精一杯だった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ