【ACL速報】グループステージ突破へ。金崎の先制弾で鹿島が1点リードのまま前半を折り返す!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月13日

直近のリーグ戦から8名を入れ替えた鹿島が試合の主導権を掌握。

金崎が値千金の先制弾!鹿島がグループステージ突破に向けて一歩前進!写真:徳原隆元

画像を見る

 AFCアジアチャンピオンズリーグは3月13日、各地でグループステージ4節を開催。カシマスタジアムでは、鹿島アントラーズ対シドニーFCの一戦が19時00分のキックオフで行なわれている。

 グループHの首位に立つ鹿島は勝利を掴んだ上で上海申花が敗戦すれば、ノックアウトステージ進出が決まる状況。そのなかで迎えた一戦で、鹿島は先週末のリーグ戦から8名を変更して臨んだ。

 GKに曽ケ端準を起用し、最終ラインは右から伊東幸敏、犬飼智也、昌子源、小田逸稀が並んだ。中盤の底にはレオ・シルバと永木亮太が入り、2列目は中村充孝、金森健志、最前線は鈴木優磨と金崎夢生の組み合わせでスタートした。
 
 試合は立ち上がりから鹿島が試合の主導権を掌握。チーム全体で粘り強い守りを見せると、手数を掛けないアタックで相手ゴールへと迫った。
 
 すると、27分に鹿島は歓喜の瞬間を迎える。ショートコーナーからプロ初先発のプロ2年目・小田がゴール前にボールを入れると、こぼれ球を金崎夢生が頭で押し込んで先制点を奪った。
 
 その後も相手の攻撃を昌子などの守備陣がきっちり跳ね返して得点を与えない。前半を1-0で折り返し、鹿島は最高の形でハーフタイムを迎えている。


【PHOTO】鹿島アントラーズを応援する美女サポーターたち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ