味方の塩対応に「しっかりしてくれ」 札幌の21歳DF進藤が歓喜の同点弾も素直に喜べず!?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月02日

撃ち合いの展開で3-3に追いつく同点ヘッド。

79分に3-3の同点に追いつくゴールを決めた進藤。しかし、歓喜のゴールもその後のチームメイトの対応が……。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ2節]C大阪 3-3 札幌/3月2日/金鳥スタ

 白熱の撃ち合いは3-3のドロー決着となった。

 前半2点をリードされた札幌は、チャナティップの来日初ゴールと昨年怪我で長期離脱を強いられた深井一希のプロ初ゴールで同点に追いつく。いったんは柿谷曜一朗の勝ち越し弾でC大阪にリードを許すが、79分、札幌は再びタイスコアに戻す。福森晃斗の右CKから、21歳のDF進藤亮佑が渾身のヘディング弾をC大阪ゴールにねじ込んだ。
 
 試合はこのまま3-3で終了。進藤の嬉しいJ1初ゴールは、札幌に今季初めての勝点をもたらす貴重な同点弾となった。しかし、試合後のフラッシュインタビューで進藤は意外な事実を明らかにする。

 札幌サポーターを歓喜に酔いしれさせた同点ゴールの感想を問われた進藤は、「決まった瞬間は、とりあえずベンチに行ったんですけど、誰も来なかったんで……。そこはちょっとしっかりしてほしいなと思います」と答え、J1初得点にもかかわらず、チームメイトの反応の薄さに眉をひそめつつ、苦笑いを見せた。

 自らのゴールでチームに勝点1をもたらした進藤だが、やはり3失点は看過できないようで、「ディフェンスとしては守備のところが気になる。そこは改善しないといけない」と、殊勲のゴールにも気を引き締めていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ