3G2Aと大暴れのスアレスが終了間際に奇行!「明らかな警告狙い」「またしでかした」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月25日

相手選手を引き倒すもミッションは失敗に

今季最高といってもおかしくない大車輪の活躍を見せたスアレス。だが終了間際に相手選手を攻撃する謎の行動に……。(C)Getty Images

画像を見る

 ウルグアイ代表FWのルイス・スアレスが、またしても奇行に及んだ。
 
 土曜日のリーガ・エスパニョーラ25節で、バルセロナはジローナを相手に6-1の大勝を飾った。スアレスはハットトリックを達成しただけでなく2アシストも記録して、5得点に絡む大暴れ。鮮烈なパフォーマンスを披露した。
 
 ところが、スアレスは試合終了が近づくにつれ、どこかソワソワしている。すると91分に相手選手の足を掴んで引っ張り、その2分後にも敵DFを抱きかかえて押し倒す奇行に出たのだ。どちらも警告に値するファウルだったが、ハビエル・アルベロア主審は1本目でアドバンテージを取り、2本目ではイエローを一瞬ちらつかせたもののお咎めはなし。そこでタイムアップのホイッスルが鳴り響いた。

 
 テレビ画面には、バツが悪そうに苦笑するスアレスの表情が映し出された。スペインの各メディアは一斉に「明らかな警告狙い」「またスアレスがしでかした」と報道。バルサは木曜日に敵地でラス・パルマス戦を消化し、中2日で2位・アトレティコ・マドリーとの大一番を戦う。現在累積が4枚。あと一枚もらえば出場停止のスアレスが、アトレティコ戦を前に“精算”を試みたと断じているのだ。

 
 このジローナ戦では、同じく出場停止にリーチがかかっていたジョルディ・アルバが86分に相手MFに飛び掛かり、イエローを頂戴した。次節はピッチに立てない。これら一連の行為について、試合後の会見で問われたのがエルネスト・バルデルデ監督だ。「彼らは試合に集中していたと思うし、警告を出すか出さないかはジャッジが決めること」と前置きしたうえで、「私からはもちろんなにも言っていないし、もし彼らが出場停止になったとしても、ほかの選手が試合に出るだけだ」と、やんわり否定した。
 
 故意だったかどうかは知る由もないが、スアレスは昨シーズン、同じようなシチュエーションで“精算”に成功している。その際は試合後に「良かったよ。すべてクリーンにして試合に臨めるわけだからね」と語り、物議を醸していた。それゆえ国内メディアは「またか」といぶかったのだ。
 
 アヤックス&リバプール時代には噛み付きや差別発言などトラブルが絶えなかったが、バルサ移籍後はそこまでの問題行動は起こしていない。ただ、やはりそこはマリーシアの権化。あいかわらずのお騒がせぶりだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ