【横浜FC】新井純平がサイドから見た課題と収穫「前に出て行くパワーが足りなかった」

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2018年02月08日

「(FC今治戦は)個にフォーカスして戦った」

新井純平はFC今治戦に手応えを感じながら、「前に出て行くパワーが足りない」と課題も口にした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜FCとFC今治のトレーニングマッチが2月7日、宮崎県日南市の日南総合運動公園で行なわれ、0-2で横浜FCが敗戦を喫した。
 
 横浜FCはハードワークを厭わないFC今治にゴールを脅かされるなど危険なシーンも散見されたが、前線からのプレスがハマって敵陣でボールを幾度も奪えており、守備戦術には一定の手応えがあったようだ。
 
 右SBとして90分間、ピッチに立った新井は「ボールを回すチームなのは分かっていた。引くのではなく、前に出て行って、チャレンジをし続けた」と明かす。
 
「監督から戦術的な話があったわけではなく、個人で100パーセントの力を出す、個にフォーカスして戦った。そんななかピッチ上で自然に前から連動して奪いにいくことが共有できていた」(新井)
 
 それでも攻撃ではイバのシュートがクロスバーを叩いた場面など、決定機は片手で数えるほど。収穫と課題が明確となり、開幕戦に向けた修正を施す必要性も口にしている。
 
「チームとしても個人としても、プレスをハメて奪ったあと、前に出て行くパワーが足りなかった。前線にボールが入ってタメている間にどれだけ駆け上がっていけるか。そのタイミングを見極めて修正したい」
 
 機を見て攻撃に厚みを持たせられればイバだけに頼ることなく、より得点パターンは増加するはず。そうすれば守備の意識を分散でき、イバもさらに輝く。“推進力”が今後のポイントとなりそうだ。
 
取材・文●古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
51歳を目前にカズは元気いっぱい「日本代表という憧れに少しでも近付けるように」
25秒間で何回リフティングできる? 川崎・家長昭博が叩き出した回数は驚愕の…
【TM結果一覧】ACL初戦を控える鹿島が6発快勝!岡山、金沢なども勝利
【福岡】知っておいて損はない! 才気溢れる大型ボランチ、ウォン・ドゥジェとは何者だ!?
【横浜FC|新体制】創設20年目のメモリアルイヤー!J1昇格へ向け「夏場を過ぎても落ちない」チーム編成に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ