香川真司の“美弾”に賞賛の嵐!「最も美しいハイライト」「自信を持って打ち抜いた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月28日

去就問題に揺れるエースには辛辣な言葉が…。

圧巻のバイシクルボレーを決め、雄叫びを上げた香川。あとはゴールがチームの結果に結びつけば文句なしだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本代表の10番が決めた圧巻のゴールに賛辞の嵐だ。
 
 現地1月27日に行なわれたブンデスリーガ20節のフライブルク戦。ボルシア・ドルトムントの日本代表MF香川真司は、6試合連続のスタメン出場を果たすと、立ち上がりの9分に鮮やかな“美弾”を蹴り込む。
 
 ゴンサロ・カストロがゴール前に縦パスを入れ、右から攻め上がってきたウカシュ・ピシュチェクが角度のないところからシュートを放つと、ボールは両チームの選手に当たりながら浮き上がる。このルーズボールを香川が、強烈なバイシクルボレーで合わせてネットを揺らしたのだ。
 
 2試合連続となる香川のゴールで先手を取ったドルトムントだったが、21分と68分にニルス・ペーターセンに決められて逆転を許してしまう。試合終了間際の93分にジェレミー・トリャンが同点弾を叩き込んでなんとか引き分けには持ち込んだが、3試合連続ドローと低調なチームに対しては、サポーターから痛烈なブーイングが浴びせられた。
 
 それでも、2試合連続ゴールとなった香川のダイナミックかつ美しい一撃には、国内外から称賛する意見が相次いだ。
 
 米スポーツ専門メディア『ESPN』は、得点シーンについて、「最初のゴールが試合を通して最も美しいハイライトとなった。シンジ・カガワが相手GKを破るボレーを突き刺した」と論じた。同じく米のスポーツ誌『Sports Illustrated』は、「混戦を制した」香川のゴールを次のようにまとめている。
 
「ドルトムントは10分も立たないうちに先手を取った。ゴール前の必死のボールの奪い合いのなかで、完全にフリーとなっていたシンジ・カガワは、自信を持って打ち抜き、難なく決めてみせた」
 
 また多くのメディアが、規律違反やアーセナルへの移籍話などで話題を振りまいているピエール=エメリク・オーバメヤンについて言及。3試合ぶりでピッチに立ったエースに対し、独メディア『Sport1』は、「オーバメヤンは壊滅的なチーム状況を招いている」と辛辣な見解を示した。
 
「“スターストライカー”オーバメヤンは存在していないも同然だった。デュエルの勝率もわずか38.5%しかなく、ボールタッチ数は20回だけ。終始、ホームサポーターを退屈にさせ、試合後には『クラブよりも偉大な奴はいない』と特大のブーイングを浴びていた」
 
 一方で、香川自身は好調そのものだ。オーバメヤンの不調が影響し、チームに沈滞ムードが漂うなか、それを吹き飛ばす活躍に期待がかかる。
 
 次節(2月2日)は、昇り調子の最下位ケルンと敵地で対戦する。日本代表FW大迫勇也との日本人対決にも注目したい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ