「天才の閃き」「強烈なショット!」久保建英の2発にジャカルタの地元メディアも熱狂!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月28日

現地でも「日本のメッシ」に熱視線が

インドネシアでもすっかり有名人の久保。今季のJ1で旋風を巻き起こすか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月27日、2018Jリーグアジアチャレンジがインドネシアのジャカルタで開催され、FC東京が地元クラブのバヤンカラFCを4-2で下した。同クラブはインドネシア・リーグの初代王者だ。
 
 試合の模様を速報したのが地元メディアの『Kumparan』で、やはりお目当てはFC東京のワンダーキッド、久保建英だった。「スタジアムの観衆は“日本のメッシ”の登場をいまかいまかと待ち焦がれていた。そして67分、ついにその瞬間が訪れたのだ」と、インドネシアでも16歳のアタッカーは大きな注目を浴びていたようだ。
 
 試合ではコンディションの良さを窺わせ、果敢な仕掛けを繰り返した久保。鮮やかに2ゴールを決め、チームの勝利に貢献した。同メディアは「クボが入ってきてFC東京のテンポが上がったのは間違いない。2ゴールはともに左足から繰り出された強烈なショット。天才的な閃きでゴールにねじ込んだ」と称えた。
 
 そして『Kumparan』は「FC東京の選手たちは親善試合とは思えないモチベーションで臨んでくれた。バヤンカラのサポーターはJリーグのトップレベルを間近で観ることができてラッキーだっただろう。ホームチームは一度逆転に成功し、スタジアムを熱狂させた」とレポートしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ