ユナイテッド新監督にファン・ハール クラブ史上初「英語が母国語ではない指揮官」が誕生

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年05月20日

新政権はブラジルW杯後に始動。

大きく言えば攻撃サッカーを志向し、規律を重んじる厳格な戦術家。名門をどう立て直すか、ファン・ハールの舵取りに注目だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドの新監督が決まった。複数のメディアが伝えていた通り、オランダ代表を指揮するルイス・ファン・ハールを任命。3年契約を結んだ。ファン・ハール新政権は、ブラジル・ワールドカップ終了後に始動となる。
 
 62歳のファン・ハールはオランダ人で、ユナイテッドが英国人以外の監督を迎えるのは、アイルランド人のフランク・オファレルが1971年6月から約半年間指揮を執って以来で、英語を母国語としない指揮官はこれが初めてだ。
 
 アヤックスを皮切りに、バルセロナ、バイエルン、オランダ代表などの監督を歴任してきたファン・ハールは、若手の育成に定評がある名伯楽で、バルサではシャビやアンドレ・イニエスタを下部組織から引き上げ、バイエルンではトーマス・ミュラーを抜擢して一人前に育て上げるなどしている。
 
「プレミアリーグで仕事をしてみたいとずっと思っていた。マンチェスター・ユナイテッドという、世界でもっとも偉大なクラブを監督として率いることは、大きな誇りだ。このクラブには熱意がある。私にも熱意がある。ともに歴史が築けると、そう確信している」
 
 ファン・ハールはそう決意を述べた。
 
 なお、4月に解任されたデイビッド・モイーズの後任監督を、選手兼任で暫定的に務めていたライアン・ギグスが現役引退を表明し、ファン・ハールのアシスタントコーチに就任した。 
【関連記事】
【番記者通信】伝統を継ぐ「戦士」との別れを惜しんで|マンチェスター・U
【番記者通信】ギグスが正式に監督となる可能性はゼロ|マンチェスター・U
【番記者通信】モイーズ電撃解任の裏側|マンチェスター・U
モイーズ監督が解任…ユナイテッドはツイッターで公表
「モイーズのために最後まで全力を尽くした」主将ヴィディッチが告白

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ