【ゼロックス杯】新10番・清武がタイトルへ意気込み。川崎は「正直、戦いたくない相手」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年01月24日

「10番は蛍から譲ってもらったので責任を感じている」

新シーズンは10番を背負う清武(写真右)。背番号への想いも語った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月10日に埼玉スタジアムで行なわれるフジゼロックス・スーパーカップの公式会見が1月24日に行なわれ、C大阪の清武弘嗣、川崎の谷口彰悟が出席した。
 
 清武は「去年は2冠を獲って、今年はもっとタイトルが欲しい。勝って良いシーズンにしたいです」と意気込みを語り、「僕たちは(元日の)天皇杯を戦ってあまり休まなかったため、チームとしてコンディションは落ちていないです。今年はユン(・ジョンファン監督)さんがポゼッション率を高めようと話しているので、意識しています」と現状を説明した。
 
 また新シーズンからは山口蛍に代わり10番を背負う。
「10番はハノーファーでプレーしていた一番調子の良い時に背負わせてもらっていた番号。蛍から譲ってもらったので責任を感じています。昨年は負傷が多かったので、怪我なくやっていきたいです」と抱負を口にした。
 
 川崎の印象は「去年、ルヴァン(カップ)で優勝した時には力の差を感じました。フロンターレは誰もが巧くて、強い。正直に言えば、戦いたくない相手です。リーグチャンピオンですし、胸を借りる想いで臨みたいです」と話す。
 
 要注意人物は「難しいですが、家長(昭博)くんが今のフロンターレには欠かせない選手だと感じています。トリニータとセレッソの時に一緒にプレーしているので、僕にとっては印象深い相手です」と先輩の名を挙げた。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【ゼロックス杯】C大阪にリベンジを!谷口は「悔しい想いは忘れていない」
【C大阪|新体制】ふたつの目標達成に向け戦力をスケールアップ。新10番は――
【C大阪】杉本健勇はなぜ海外移籍をしなかったのか――その胸中を語る
【TM・PSM日程&結果一覧】C大阪が今季初実戦で快勝!! FC東京は長崎に勝利!
横浜FCに名手・松井大輔が加入。記者会見で語った”カズの存在”とチームの魅力

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ