【C大阪】杉本健勇はなぜ海外移籍をしなかったのか――その胸中を語る

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年01月15日

「ここでも成長できると思うし、自分次第でどうにでも変われる」

現在は負傷中の杉本。始動日はランニングで調整に努めた。写真:川本学

画像を見る

 セレッソ大阪が1月15日、舞洲グラウンドで2018年シーズン初の練習を行なった。新加入選手10名を含むトップチームの選手たちがランニング中心のメニューに汗を流した。その中には同月11日に契約更新をした杉本健勇の姿もあった。
 
 昨季22ゴールを決めて、得点ランキング2位に輝いたC大阪のエースには、今オフにスペインのヘタフェからオファーが届いたと報じられていた。かねてより海外志向を口にしていた杉本は、なぜ残留を決意したのか。

「まあ、考えましたね。いろいろありますけど、僕がもうここにいるということがすべて。もう決まっていることなので、多くを語る必要はないかな」
 
 昨年末にはほとんど残留の意思は固まっていたが、年が明けてから、もう一度考え直したという。それでもC大阪に残ることを決めた。その理由は明快だった。

「いろんなケースがあると思います。(井手口)陽介は海外にいきましたし、その選択は本当に素晴らしい。でも残った俺の選択も間違っていない。ここでも成長できると思うし、自分次第でどうにでも変われる」
 
 C大阪には清武弘嗣、山口蛍、柿谷曜一朗ら国内屈指のタレントが揃う。十分にレベルの高い環境で、杉本自身もさらなる成長を見込めると感じているのだ。さらに、昨季の活躍を受けて、他チームからの警戒はより強いものになるだろう。

「今年どれだけできるか。マークも厳しくなってくるし、周囲からの期待も上がっているだろうし、普通のプレーしていても『何やってんねん』と言われてしまう。そんななかだからこそ、気を引き締めてやらなければいけない。チームとしても個人としても昨季の数字をすべて上回りたい」
 
 昨年12月に負った左足関節関節内遊離体の回復も順調。「どんどんやりたい気持ちはあるけど、そこは焦らず。悪化してしまうとあれなので、気持ちは切らずに様子を見ながらやっていく」と焦りはない。
 
 自分で決めたことに後悔など1ミリもない――。覚悟を決めたエースは新シーズンも活躍してくれそうだ。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWeb)
【関連記事】
【セルジオ越後】井手口の移籍には疑問が…スペイン2部でのプレーはW杯につながるのか?
【C大阪|新体制】ふたつの目標達成に向け戦力をスケールアップ。新10番は――
【C大阪】4年前の悲劇は繰り返さない! 天皇杯制覇も山口蛍が見据える来季の戦い
【C大阪】今季2冠目を獲得しても、キャプテン柿谷が浮かないのはなぜなのか
【C大阪】今季を象徴した”勝利の方程式”に殊勲の山村和也は「想像していなかった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ