【横浜】大胆不敵な大型ルーキー! 「活躍するので」と誓った町野修斗の勝負強さに期待

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年01月15日

「まだまだとは思っていますけど、勝負強さでは負けない」

履正社高校から横浜に加入した町野(39番)。大舞台での勝負強さには絶対の自信も、新体制発表会は「こういう場はまだ慣れていないというか、緊張しました」。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜の新体制発表会で、今季加入の新戦力7名が登壇する。端から順番に自己紹介していき、最後の番となった18歳の新人は、よく通る声で言い切った。
 
「みなさん、こんにちは。履正社高校から加入しました町野修斗です。活躍するので、応援よろしくお願いします」
 
 会場が一瞬どよめき、すぐに大きな拍手が沸き起こる。町野ははっきりと口にした。“活躍するので”と。
 
 堂々たるマニフェストだ。その真意を聞けば、記者の目をまっすぐと見てこう言った。
 
「試合に使ってもらったら、絶対に自分がゴールを決めて、勝利するっていうのを意識する。チャンスがあれば、(ゴールを)決めたいっすね。(レギュラーは)開幕から狙っていきたい」
 
 184センチ・73キロの大型ストライカーは、「名前にあるように“シュート”が持ち味で、足もとの技術にも自信があります。中盤の作りにも参加して、最後はゴール前で仕事ができる選手になりたい」と抱負を述べる。もっとも、この大胆不敵なルーキーの最大の魅力は、「勝負強さ」である。
 
「今まで、肝心な時に決めてきました。プロはもっと厳しい世界なので、まだまだとは思っていますけど、勝負強さでは負けない」
 
 過去を振り返り、自慢の勝負強さを表現できた一番の思い出深いゴールは、高校1年次のプレミアリーグ京都戦で挙げた一発だ。
 
「2-2の場面で、ラスト15分ぐらい、途中出場させてもらったんです。そこで逆転ゴールを決めることができた。そこから中心選手として使ってもらえることが増えたんです。あれは大きかったですね」
 
 周囲からも、大舞台での勝負強さを認められているという。例えば、高校選抜の一員としてU-18Jリーグ選抜と戦った昨年2月のNEXT GENERATION MATCHでは、チームを勢いづかせる強烈な先制ミドルを叩き込んだ。さらには、同年4月のデュッセルドルフ国際ユース大会でも、フォルトゥナ・デュッセルドルフとの開幕戦で先制ゴールを突き刺した。
 
 どちらの試合でもチームは勝利。ちなみに、NEXT GENERATION MATCHは横浜のホーム、日産スタジアムでのゲームだった。高校選抜の時と同じように、今度はトリコロールに身を包んだ町野が、横浜に勝利をもたらすゴールを決める。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【横浜|新体制】「リーダーシップ」「スピード」「攻撃的」をキーワードにリーグ優勝を目指す
【横浜】齋藤学がいなくても大津祐樹がいる!「このチームを背負っていけるように――」
【横浜】やはりポゼッション重視? 新監督ポステコグルーの強化ビジョン
マリノス指揮官が「いますぐ契約しよう」と迫ったU-18日本代表、町野修斗のスケール感
【横浜】タイトルを掴むチームになるためには? 中澤佑二の考えは――

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ