【横浜】タイトルを掴むチームになるためには? 中澤佑二の考えは――

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年01月01日

「何かを我慢して、犠牲にして、でもだからこそ得られることがある」

タイトルに手が届かなかったのは、「足りない部分があったから」。中澤はそれを認める一方で、今のチームはもっと成長できると期待を寄せている。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯決勝]C大阪2(1EX0)1横浜/1月1日/埼玉スタジアム2002
 
 前半に幸先良く先制しながらも、後半と延長前半に失点を許し、痛恨の逆転負け。C大阪とのファイナルを、中澤佑二は次のように振り返る。
 
「前からアグレッシブにボールを取りに行って、前半からはある程度、優位に立とうというサッカーができていた。でも、後半の10分過ぎぐらいかな、セカンドボールを拾えなくなって、ちょっと相手のペースになり、そこで失点してしまった。2点目を取れなかったのが大きかった」
 
 勝つチャンスは十分にあったが、追加点を挙げられずにいると、相手に渡った主導権を奪い返せず、試合をひっくり返されてしまった。
 
 決勝の舞台に立つ力は、今の横浜にはある。それでも、タイトルに手が届かなかったのは、やはり攻撃面に小さくない課題を抱えているからだろう。
 
「どんな形でもいいので、2点目を取る、ゴールに向かってしっかりプレーすることは、どのチームでもやらなければいけないし、やっていることだと思う。ディフェンスとしては、それが一番怖い。F・マリノスはどうしても、サイドを崩すところにすごくエネルギーを費やして、最後の部分、ゴール前で人数が少し足りなくなってしまう」
 
 ピッチ上での改善点を示したうえで、優勝を成し遂げるために、中澤には中澤なりの考えがある。
 
「強い決意が必要で、いろんなものを我慢するというか、捨てなければいけないと思う。1年間、サッカーにしっかりエネルギーを注ぐ。何かを我慢して、犠牲にして、でもだからこそ得られることがあるし、そっちのほうが大きい。今まで以上に全力で、妥協を許さずにやっていきたい」
 
 横浜はそうした厳しさを持って戦えるチームだと、中澤は大きな期待を寄せている。
 
「今季もみんな頑張っていたし、一体感もある良いチームだった。でも優勝できなかったのは、どこかに足りない部分があったから。それをもう一度、確認して、話し合って、一致団結してやっていきたい。みんなで同じ方向を向いてね。そういうチームになれると僕は思っているので」
 
 誰よりもストイックに、サッカーと向き合ってきた男の決意表明。横浜の不動のディフェンスリーダーは来るべき新シーズンに向けて、すでに走り始めている。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【天皇杯決勝PHOTO】延長戦を制したC大阪がルヴァン杯に続き2冠達成!

【天皇杯決勝PHOTO】元旦の埼スタに集結したセレ女たち!熱い応援で優勝へ導く!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ