• トップ
  • ニュース一覧
  • 【横浜|新体制】「リーダーシップ」「スピード」「攻撃的」をキーワードにリーグ優勝を目指す

【横浜|新体制】「リーダーシップ」「スピード」「攻撃的」をキーワードにリーグ優勝を目指す

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年01月14日

「5400秒、ブレイブ。相手は関係ない」(ドルSD)。

1月14日に横浜が新体制発表会を実施。左下から堀研太、大津祐樹、ユン・イルロク。左上から生駒仁、西山大雅、アンジェ・ポステコグルー監督、町野修斗、山田康太。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月14日、横浜F・マリノスが新シーズンに向けた新体制発表会を行なった。
 
 まずは古川宏一郎代表取締役社長が昨季の戦いぶりを振り返ったうえで、2018年シーズンに向け、成績では「J1リーグ優勝」、ホームでの観客動員は「平均3万人」を目標に掲げた。
 
 タイトル獲得のための強化テーマとして、チーム統括本部スポーティングダイレクターのアイザック・ドルは、「リーダーシップ」「スピード」「攻撃的」の3つのキーワードを挙げた。ピッチ内の修正と対応、最適なオプション選択を率先して行ない、プレーだけでなく判断のスピードを上げ、「勝つために攻撃的なプレーをする」(ドルSD)ことで勝利を追い求める。
 
 今季のチームスローガンは「Brave and Challenging 勇猛果敢」。常に自分たちのサッカーを貫く構えで、ドルSDは「5400秒、ブレイブ。相手は関係ない」と言葉に力を込めた。
 
 新たにチームを率いるアンジェ・ポステコグルー監督も、日本での挑戦に強い意欲を示す。「新しい国、文化の中で、私の哲学をチームに落とし込むことを楽しみにしている。他のクラブに恐れられるようなチームにしていきたい」と抱負を語った。
 
 柏から獲得した大津祐樹、FCソウルから加入のユン・イルロクなど、レンタルバックを含め今季の新戦力は全部で9選手。計30人(1月14日時点)のメンバーで新たなシーズンに挑む。
 
【関連記事】
横浜の齋藤学が”ライバル”川崎へ完全移籍!「恩を仇で返してしまうが…」「また一から自分を作っていきたい」
【横浜】柏の大津祐樹の獲得を発表。「少しでも早くチームの力になれるよう頑張ります」
【横浜】タイトルを掴むチームになるためには? 中澤佑二の考えは――
【天皇杯】「俺のミスでいい」横浜の守護神・飯倉大樹が潔く認めた2失点目の舞台裏
横浜の5選手が選んだ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ