【甲府|新体制】「魅力的なヴァンフォーレ」を宣言!”新10番”に決まったのは…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年01月14日

補強の完成度は90%。

上段左からビョン・ジュンボン、窪田、金園、小塚、入間川、秋山。下段左から湯澤、太田、吉田監督、伊藤コーチ、荒木、佐藤。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ヴァンフォーレ甲府が1月14日、山梨県立図書館にて新体制発表会見を行なった。
 
 はじめに、輿水順雄社長が挨拶。輿水社長からは今季のクラブスローガンに決まった「完遂-プロヴィンチアの挑戦-」の説明がされた。「5年間、J1を戦ってきました。昨季のJ1に残留できなかった悔しさを忘れることなく、今季はJ2を勝ち抜く覚悟で“完遂”という文字に思いを込めてスローガンとしました」と力強く話す。
 
 次に佐久間悟副社長兼GMが「昨季は甲府に関わるすべての皆様から期待をしていただいたにもかかわらず、J1に残留できませんでした。この結果は現場の最高責任者として、私の力不足です。おおいに反省しています」とコメント。それでも、「前進するためのチーム編成」に全力を尽くし、そのうえで、「90%の完成度」と自負する補強のポイントを6つあげた。
 
1.既存戦力の慰留
2.世代交代
3.技術力の向上
4.フィジカル面の向上
5.攻撃面のタスク(=決定力)の向上
 
 そして、6つ目は覚悟。前所属クラブで100%のパフォーマンスを発揮できず、悔しさから“覚悟”がある選手だ。その新戦力は、昨季J1に残れなかった悔しさを持つ甲府と「同じ熱量を持っている」(佐久間GM)。
 
 これらのポイントを掲げ、昨季チームトップスコアラーのリンスの慰留に成功。また、多くのベテランが退団したが、若い新加入選手も獲得した。10名の新戦力は下記の通り。
 
DF 湯澤聖人(24歳) [←柏]※昨季はレンタルで京都に所属
DF ビョン・ジュンボン(26歳) [←清水]※昨季はレンタルで金沢に所属
DF 入間川景太(18歳) [←甲府U-18]
DF 秋山拓也(23歳) [←新潟シンガポール]
MF 窪田 良(26歳) [←富山]
MF 小塚和季(23歳) [←新潟]※昨季はレンタルで山口に所属
MF 荒木 翔(22歳) [←国士舘大]
MF 佐藤和弘(27歳) [←水戸]
FW 太田修介(21歳) [←日本体育大]
FW 金園英学(29歳) [←札幌]
 
 そのほか、吉田達磨監督をはじめ、伊藤彰新ヘッドコーチ、新加入選手たちも今季の抱負を語った。吉田監督は「降格をさせてしまった監督になりましたが、昨季のチームの戦いぶりと成長には指導者として誇りに思っています。その成長は今季も継続させて、強くて魅力的なヴァンフォーレ甲府を作っていきたいです」と宣言した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ