鹿島の名スカウトが見抜いた”ヤンチャ坊主”の真の姿。大卒新人・山口一真への特大の期待値

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2018年01月12日

大学生活ではピッチ外の問題も多かった山口だが…

鹿島入りを果たした山口。須佐監督の粘り強い指導のもと、精神的なタフさを身に付けた。写真:森田将義

画像を見る

 要注目のタレントが、常勝軍団に加わった。

 鹿島アントラーズ入団内定のFW山口一真と、ギラヴァンツ北九州入団内定のMF藤原奏哉の合同記者会見が11日にふたりの所属する阪南大学で行なわれた。
 

 指導者には、選手を預かる際に「この選手は、必ずプロに送らなければいけない」と感じる選手がいるという。それが、「Jリーグで名のあるチームから声を掛けてもらったことがとても嬉しく、入団を決めました。自分の売りのシュートやパスや、ドリブルで1年目からチームに貢献したい」とプロ入りへの意気込みを語った山口だ。

 須佐徹太郎監督がこれまで預かってきた選手の中でも、トップクラスの才能を持つ選手だった。左右両足から繰り出すキックの質は一級品。クオリティの高いドリブルとパスを駆使し、攻撃的なポジションならどこでもこなす万能ぶりで大学ナンバーワンアタッカーと称されてきた。鹿島への入団が決まった際に、須佐監督が「これで吉永に顔向けができる」と山梨学院高時代に山口を指導した吉永一明氏(現・アルビレックス新潟シンガポール監督)の名を挙げ、安堵の表情を浮かべていたのが印象的だった。

【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定~大学編
 
 溢れんばかりの才能を持つ一方で、大学での4年間は持っている能力の全てを出し切れたとは言い難い。活躍を阻害していたのは、ピッチ外での言動だ。大学2年生の時は、寝坊が原因で、インカレで10番を授かりながらも、出場機会を得ることができなかった。以降も、本能のまま行動してしまう悪癖が顔を覗かせ、チーム内で決められたルールを守れないこともしばしば。しかし、学年が上がるにつれて、メンタル面も大きく成長した。

「いろいろ怒られたことも、大人になるにつれ、“そら怒られるわ”と思うことばかりだった。怒ってもらって、有難かった。年を重ねるごとに大人になっているというか、人間らしくなっているのかなと自分では思う」(山口)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ