中島翔哉を巡って争奪戦が勃発!独、仏のクラブからも熱視線を浴びる

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年01月09日

ポルティモネンセは今冬の移籍金を1000万ユーロに設定。

加入1年目ながらすでにポルティモネンセに不可欠な存在となっている中島。現地メディアからもその活躍ぶりを高く評価されている。(C)Getty Images

画像を見る

 ポルトガル・リーグのポルティモネンセに所属するMF中島翔哉が、欧州の複数のクラブから熱視線を浴びている。
 
 2017年夏にFC東京からのレンタル移籍でポルティモネンセに加入した中島は、ここまで13試合に出場し、7得点・2アシストをマーク。『A BOLA』紙をはじめ現地メディアもその活躍ぶりを高く評価し、「今シーズンの最大の発見」と紹介している。
 
 株価急騰中の中島に対してはポルトガル・リーグ4連覇中のベンフィカや、国内の名門ポルトだけでなく、国外のクラブも注視。ドイツではフランクフルト、ヴォルフスブルク、フランスではボルドーやサンテティエンヌが興味を示しているという。
 
 この1月に中島の保有権を買い取ったポルティモネンセは、移籍金を1000万ユーロ(約13億円)に設定。これは今冬のマーケットに限った金額で、「シーズン終了後には2000万(約26億円)に上昇する」と、ロジネイ会長は明かしている。
 
 すでにヴォルフスブルクからは800万ユーロ(約10億円)のオファーがあったが、ポルティモネンセはこれを拒否。値引きに応じる意思はないようだ。
 
 ヴォルフスブルクは今冬に左ウイングの控えであるポール=ジョルジュ・ヌテップを放出する見込みで、その後釜として中島をリストアップ。ヌテップの退団が現実のものとなれば、再オファーに踏み切る可能性はありそうだ。
 
 リオ五輪で、日本代表の背番号10を背負ったアタッカーのステップアップの移籍は実現するのか。その動向に引き続き注目したい。
 
【関連記事】
“リトルエンペラー”中島翔哉が地元紙にポルト移籍願望を語る!「いずれはやりたい…」
サンチェスがマンCと契約合意! 移籍時期はアーセナル次第に…
日本人欧州組19人の「前半戦の平均採点」を紹介!吉田、乾、酒井宏を上回る驚異の7点台を叩き出したのは?
コウチーニョ入団会見全文「バルサでプレーするのが僕の夢。迷いはいっさいなかった」
ロナウドはなぜ「フェノーメノ」だったのか? 現代でも通用するか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ