【横浜】優勝の二文字は「まだ早い」と中澤佑二はピシャリ。だが川崎に勝てれば…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年09月09日

「フロンターレに勝つことで、一歩前進できる」

J1最多の連続フルタイム出場の記録を更新中の中澤。川崎戦も熟練のディフェンステクニックでゴールに鍵をかけたい。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 中断期間前の24節・FC東京戦は、1-0で勝利。まだ気が早いと思いつつも、これで14試合負けなし、クラブタイ記録の5試合連続無失点、順位も2位に浮上しただけに、聞かずにはいられなかった。

 
――優勝の二文字も見えてきたのでは?
 
 こちらの質問が言い終わらぬうちに、中澤佑二はピシャリとはねのけた。
 
「まだ早い。まだ早い」
 
 しかし、すぐにこう続ける。
 
「フロンターレに、内容を伴って勝てたのであれば……。優勝の二文字が少しずつ、近づいてきてるなって思えるかもしれないけど。
 
 でも、まだまだ。鹿島戦もあるし、ガンバ戦もあるし、セレッソ戦もあるし、レイソル戦もある。チームとして完成しているところと、まだ対戦していないので。まずフロンターレに勝つことで、一歩前進できるかなと思う」
 
 横浜の今季を占ううえで、敵地で迎える川崎との神奈川ダービーはひとつの試金石となる。前回対戦では、鉄壁の守備で相手の攻撃をシャットアウトし、2-0の完勝を収めている。それだけに、良いイメージで試合に臨めるはずだ。
 
 今回も伝統の『堅守』をベースに、鋭利なカウンターで仕留める――確固たるスタイルで勝利を掴み取り、終盤戦に向けて勢いを加速させたい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】横浜を彩る美女チアリーディングチーム『トリコロールマーメイズ』
【関連記事】
【横浜】暫定2位も中澤佑二が「納得がいかない」のはナゼ?
【横浜】3戦連続完封で12戦無敗! 中澤佑二が語る“勝点9”の重み
【横浜】優勝戦線に生き残るには、扇原貴宏の“一歩前に出る動き”がカギを握る
【横浜】高い“レフティ率”の功と罪。ラスト3分の1をいかに攻略するか?
【横浜】「欲張ってもいいかな」。天野純の確かな成長が感じられた、あるひと言

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ