【天皇杯】逆転弾を決めた水沼宏太。優勝の喜びに浸るも、恐れたのはあの地獄のキャンプ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月01日

逆転弾の水沼宏太が残した言葉は...。

千両役者となった水沼。得点以外でもチームに貢献し、運動量は最後まで落ちなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月1日に天皇杯の決勝が行なわれ、セレッソ大阪が横浜F・マリノスを2-1で撃破。前身のヤンマー時代を含めると43年ぶり4度目、C大阪としては初優勝を成し遂げた。

 試合開始早々に先制される苦しい展開を吹き飛ばしたのはC大阪の背番号16だ。1点のビハインドを山村和也のゴールで跳ね返すと、1-1で延長に突入して迎えた95分。左サイドから山村が上げたクロスに反応し、絶妙のタイミングで飛び込んだ水沼宏太が頭でゴールネットを揺らした。

 試合後、フラッシュインタビューに応えた水沼は、「走ることは僕らの強みなので、今日もピッチで精一杯表現ができました」と優勝の要因を分析。それができるようになった理由のひとつは、春のキャンプ中に行なった地獄の早朝練習にあったのかと聞かれると、水沼は冗談を交えながら衝撃のひと言を残した。

「早朝練習のおかげというと、またあるかもしれないので...」

 今季のC大阪はリーグ戦3位、ルヴァンカップと天皇杯を制した。その裏にはユン・ジョンファン監督が導入した早朝練習を含む3部トレーニングの効果もあったのだが、選手たちからすれば……。水沼の言う通り、想像を絶するハードトレーニングはあまりやりたくないのかもしれない。 

【天皇杯決勝PHOTO】延長戦を制したC大阪がルヴァン杯に続き2冠達成!

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 歴代応援マネージャーを一挙公開!
【関連記事】
Jリーグ王者の川崎は「DAZNマネー」をどう使うべきか?
冬の移籍市場の見どころ、欧州主要国の日程をチェック! ビッグクラブの補強&放出、日本人選手の動向etc.
【ワールドカップイヤーの幕開け】対戦3か国との相性、そして日本の勝機は?
元日本代表MF、松井大輔が紐解く「ポーランド代表の傾向と対策」
C大阪が延長を制して43大会ぶりの天皇杯制覇、水沼の決勝点で2冠を達成!横浜は4大会ぶりの頂点ならず

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ