【選手権】左から攻撃を彩る富山一の中村俊輔!小森颯が奇跡的とも言えるクリアで勝利に貢献

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2017年12月31日

大塚監督は「攻守において小森が一番効いていた」と高評価。

スピードとテクニックを兼ね備えた小森が富山一の攻撃を支える。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校サッカー選手権・1回戦]富山一1-0東海大星翔/12月31日/等々力陸上競技場

 これまで富山一が川崎フロンターレのホーム・等々力陸上競技場で行なった試合は3戦3敗。「この年代で勝って、歴史を変えよう」と大塚一朗監督に背中を押されて挑んだこの日の東海大星翔戦も、前半26分にFW坪井清志郎(3年/徳島ヴォルティス内定)のゴールで先制したが、試合終了間際に猛攻を受けて押し込まれる時間帯が続いた。

 アディショナルタイムには、右CKから相手FWの渡辺力斗(3年)にヘディングシュートを許した。ボールがゴールネットに一直線で進んだため、観客の多くが失点を覚悟したが、軌道の先に待ち構えたのは小森颯(3年)。この左ウイングバックがヘディングで大きく跳ね返した直後に勝利を告げる試合終了の笛が鳴り響いた。

 奇跡的とも言えるクリアが生まれたのは偶然ではない。「やられた時に『ゴールに選手を入れておけばよかった』と思うのが嫌なので、練習してきた」(大塚監督)と万が一に備えて、普段からCKの際はゴールの中にふたりの選手を入れて、キーパーが獲れなかったボールを跳ね返す意識を強めてきたという。

 これまでは上手く行く場面は少なかったが、「普段から練習でやってきた成果がああいう場面で出るんだと思った」と大塚監督が胸を撫で下ろしたように、入念な準備が大一番での勝利に繋がった。

 チームのピンチを救った小森だが、「正直、そんなにクリアに対する喜びはなくて、なんで最後にこんな押される展開になるんだろうという悔しさのほうが強かった」と振り返るように、試合後に笑顔はなかった。

 ただ、この日見せたプレーは出色で、左から中央へのドリブルで何度も見せ場を演出。正確な左足キックを活かしたセットプレーでは、CKから直接ゴールを狙い観客を沸かせた。その存在感は、決勝点を奪った坪井に劣らない程で、大塚監督は「攻守において小森が一番効いていた」と高評価を与えた。

 登録こそDFだが、本来は「ドリブルが上手かったり、本当は中盤の攻撃の選手。うちで一番のテクニシャン」と大塚監督が評するように、攻撃色が強い。足の速さを活かしてサイドを突破し、クロスを上げるオーソドックスなタイプのウイングバックではなく、「ウイングバックだけどサイドで起点が作れたり、組み立てができるように彼を置いている」と大塚監督が明かすように、小野伸二(札幌)や中村俊輔(磐田)など司令塔タイプの選手が左ウイングバックを務めたトルシエ時代の日本代表に近いイメージだ。実際に、指揮官からはプレースキックや走り方が似ているため、中村俊輔と呼ばれているという。

 昨年はBチームでもベンチ外で目立たない存在だったが、今年1年、左ウイングバックという持ち場をこなすうちに大きく成長し、個人としてもチームとしても手応えを掴んでいる。「プリンスリーグ、インターハイ予選で優勝し、プレミアリーグの参入戦でも勝つことができた。良い流れができていると思う。このチームは日本一になれなくはないと思うので、1戦1戦集中して、試合に挑み、優勝したい」という目標を果たすため、2回戦以降の試合でも左サイドで輝きを放つつもりだ。

取材・文●森田将義(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ