【選手権】「負けたらオレの責任」昌平の絶対的エース佐相壱明が見せた矜持

カテゴリ:高校・ユース・その他

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2017年12月31日

大宮入り内定のCFは、念願の選手権勝利に安堵。

先制ゴールを叩き込み、重圧から解放された佐相。その表情は安堵感に満ちていた。 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校サッカー選手権1回戦]昌平1(PK4-3)1 広島皆実/12月31日/NACK5
 
「とにかくこの日のために準備してきたので、この全国で初めて勝てて、言葉にできないくらい嬉しいです」
 
 PK戦を制し、悲願の選手権初勝利を飾った昌平の3年生エース、佐相壱明は安堵の表情を浮かべ、にこやかに振り返った。

 3年前に初めて出場した選手権では1回戦敗退。さらにシード校として臨んだこの夏のインターハイでも初戦で姿を消すなど、全国の常連になった昌平にとっても“初戦”は鬼門だった。そのことは、藤島崇之監督も「固くなる試合になると想定していた」と語るところからも分かる。
 
 そんななか、「192人のメンバーのためにも全力で良いプレーをしなきゃと思ってました。点が取れないで負けたらそれは俺の責任ですから」という佐相が面目躍如のプレーを見せたのは、スコアレスで迎えた前半19分。右サイドバックの塩野碧斗からの絶妙なアーリークロスをヘディングですらしてゴールへと流し込んだのだ。このオフ・ザ・ボールの動きが光った鮮やかな得点シーンについて、次のように振り返っている。
 
「点を取るイメージは常にできていて、そのイメージ通りに点が取れた。(塩野)碧斗のボールが完璧すぎました。GKが若干後ろ気味にいることは分かっていたので、すらせば入るかなぐらいの気持ちで触ったら良いコースに飛んでくれた。相手DFは、クロスが上がるまで我慢して、ファーに逃げながら、ボールが来る瞬間に上手く外せたかなと思います」

 チームはその後、追いつかれ、PK戦を迎えたが、佐相は2番手のキッカーとして難なく成功させ、全国常連校の広島皆実からの勝利に貢献してみせた。大宮アルディージャ入りが内定している点取り屋にとって、その本拠地となるNACK5スタジアムでのゴールは、己の存在感を見せつける重要なゴールとなったはずだ。
 
 昌平に入ってから本格的にCFとしてプレーし始めたという佐相は、「自分にはあとふたつチャンスがあった。そこで決めきれていれば、もっと楽な試合展開に持ち込めたと思うので、そこは反省です」と課題を口にしながらも、その表情は充実感に満ちていた。
 
「この経験は大きいです。苦しいなかで勝ち切れたのは今後に活きてくる思う。去年のインターハイでベスト4入りの時も、自分はチームになかなか関われなくて、全国での勝利を肌で感じたのは今日が初めてだったので、本当に、本当に嬉しいです」
 
 次なる2回戦の相手はまたしても選手権常連校の神村学園だが、全国の舞台で初勝利を掴み勢いに乗る昌平と、そのエース佐相の言葉からは恐れは感じなかった。彼らの躍進はどこまで続くだろうか。
 
取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ