【クラシコ展望】注目は両監督の采配。ジダンは“切り札”をいつ投入するのか。それに対するバルベルデの動きは――

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月23日

ベンゼマをどの時間帯まで引っ張るか。

クラシコの予想フォーメーション。
負傷者/レアル・マドリー=なし バルセロナ=ウンティティ、デンベレ、デウロフェウ、パコ・アルカセル
出場停止/レアル・マドリー=なし バルセロナ=なし

画像を見る

【レアル・マドリー|最新チーム事情】
●クラブワールドカップを連覇
●C・ロナウドが前節2ゴールと上向き
●故障明けのベイルが徐々に復調

伝統の一戦“エル・クラシコ”の名シーンを写真で振り返る!

 バルサとの勝点差は11。クラブワールドカップ出場のため、1試合消化が少ないとはいえ、もし敗れて14ポイントに差が広がれば、連覇の可能性は限りなくゼロに近くなる。ここまで無敗を維持している宿敵の安定感を考えると、シーズン後半も大崩れするとは考えにくく、引き分けでも物足りない。是が非でも勝点3が欲しいところだ。

 UAEで開催されたそのクラブワールドカップでは、決勝で南米王者グレミオを破って連覇を達成し、チームの雰囲気は悪くない。とりわけ、優勝を手繰り寄せる決勝ゴールを挙げるなど、クリスチアーノ・ロナウドにようやくエンジンがかかってきたのは何よりの朗報だ。

 15節のセビージャ戦では、リーグ戦で今シーズン初の1試合2得点を挙げている。とにもかくにもこのエースの出来が鍵を握だろう。

 一方、2トップを組むと予想されるカリム・ベンゼマは、ここまで2ゴールと調子が上がらないままだ。それでも全幅の信頼を寄せるジネディーヌ・ジダン監督が、このフランス代表FWをどの時間帯まで引っ張るか。幸いベンチには、2枚の切り札が残っている。

 1人目はマルコ・アセンシオ。8月のスペイン・スーパーカップではバルサとの2連戦でいずれもゴールを奪うなど、大一番での勝負強さは折り紙付きだ。

 そして2人目が、11月末に約2か月間の故障から戦線に復帰を果たしたガレス・ベイルだ。まだ100%のコンディションではないため、短い出場時間に留まっているものの、クラブワールドカップ準決勝のアルジャジーラ戦では勝ち越し点を叩き出すなど、徐々に復調している。

 アセンシオとベイル。個の力で打開できるこのふたりのアタッカーを、ジダン監督がいつ投入するのか。それが勝負の分かれ目になるかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ