バルサ&レアルが関心のデ・ブルイネとマンCが新たな長期契約の締結へ! 週給は現状の倍額に

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月19日

デ・ブルイネ自身も契約更改に前向きで。

2シーズン目となったグアルディオラ政権下のチームにおいて欠かせない存在となっているデ・ブルイネ。クラブとの長期契約も十分に頷ける。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグで圧倒的な強さを誇る首位チームで活躍を続けるケビン・デ・ブルイネ。それだけにバルセロナやレアル・マドリーといったメガクラブが誘いをかけるのは当然の話と言える。しかし、マンチェスター・シティに手放すつもりはないようだ。
 
 英国国営放送『BBC』や英紙『Gurdian』などは、現地時間12月18日、マンチェスター・Cがデ・ブルイネに新契約をオファーすると報じた。BBCによれば、今シーズンのプレミアで最も多くのチャンスメークを記録しているデ・ブルイネも、契約更新に前向きなようだ。
 
 2015年の夏に5500万ポンド(約82億5000万円)で、ヴォルフスブルクから加入したデ・ブルイネ。マンチェスター・Cとの現行の契約は2021年6月までとなっている。Gurdian紙によると、今回の契約更新で、マンチェスター・シティは、現在の週給11万5000ポンド(約1725万円)を、21万ポンド(約3150万円)と倍額近くに増額し、新たに6年契約を結ぶ狙いだという。
 
 デ・ブルイネ自身も、契約には前向きだ。同紙に対して、「サッカーではいろいろなことがとてもスピーディーに起こるものだけど、僕はここですごく幸せだし、クラブの人たちはそれを理解していると思うよ」と、マンチェスター・Cとの良好な関係を明かしている。
 
「どこにも行くつもりはないし、ここのプロジェクトの一員として、今のサッカーを楽しんでいる。チームは正しい方向に進んでおり、それも重要なことだ。僕がマンチェスター・Cに来たのは正しい決断だった。家族も同じように感じている。だからすべてがうまくいっているよ」
 
 今シーズンのプレミアリーグで6ゴール・8アシスト、さらにチャンピオンズ・リーグでも1ゴール・3アシストを記録し、好調をキープしているデ・ブルイネ。そんな26歳のベルギー代表MFとの契約延長の知らせを、マンチェスター・Cのサポーターは心待ちにしているだろう。
 
 なお、Gurdian紙によると、マンチェスター・Cは、エデルソン、フェルナンジーニョ、ガブリエウ・ジェズスのブラジル勢にも新契約をオファーする見通しで、クラブは主力の流失を防ぎ、着実なチーム強化に動いているようだ。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ