「ファンタスティック!」「非の打ち所がない」レスター指揮官が全得点に絡んだ岡崎慎司に脱帽!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月14日

ピュエル監督にとっては因縁浅からぬ敵地セント・メリーズで

どんなに活躍してもなかなかレギュラーを確保できなかった岡崎。今回の大活躍で流れを引き寄せるか。(C)Getty Images

画像を見る

 レスター・シティの指揮官クロード・ピュエルが、日本人ストライカーの大車輪の活躍を称えた。
 
 水曜日ナイターのプレミアリーグ17節、レスターは敵地セント・メリーズでサウサンプトンと対戦。岡崎のパスから単騎で仕掛けたリャド・マハレズが先制点を挙げると、32分には岡崎自身がこぼれ球に反応して加点。39分に右サイドからのクロスにニアで潰れてハリー・マグワイアのゴールを引き出し、極めつけは70分だった。一気のカウンターから右サイドに流れたジェイミー・ヴァーディーのクロスを、鋭いダイアゴナルランからピンポイントで合わせて、プレミア初の1試合2発。吉田麻也の背後をとってのファインゴールで、スコアを4-1としたのだ。
 
 ピュエル監督にとってセント・メリーズは、因縁浅からぬスタジアム。2016-17シーズンの1年間だけ指揮を執り、今年5月に電撃解任されたのだ。「ここでは良い思い出しかない。戻ってこられてハッピーだよ」と語りつつ、「この試合を準備する中で、うちの選手たちには『私は(サウサンプトンの)すべてを把握している。信じてプレーしてほしい』と伝えた。彼らはしっかり期待に応えてくれたよ」と、会心の笑みをこぼした。
 
 そして、全得点に絡んで見せた岡崎については、手放しで賛辞を贈った。
 
「もはや非の打ち所がない出来栄えだった。本当にファンタスティックの一語に尽きる。2得点を挙げたシンジはもちろん、彼と同様に全力を尽くしたすべての選手たちを誇りに思う」
 
 レスターはここから20日間で7試合を戦う。クリスマス前後の超過密日程にあって、サウサンプトン戦ではあらためてその選手層の厚さを示した。指揮官もやや興奮気味だ。
 
「正直、質の高いパフォーマンスを維持するのは難しいだろうと考えていた。プレミアリーグは本当にタフな戦場だからね。ただ今日の試合における選手たちのクオリティーとコンシウテンシー(継続性)を見るかぎり、大きな手応えを得ることができたよ。この厳しいスケジュールでも、きっと力強く戦い抜けるとね」
 
 見事4連勝を飾り、現在8位と好位置につけるレスター。10月25日の就任からわずか1か月半でチームを上昇気流に乗せたフランス人指揮官の下、快進撃が止まらない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ