インテルが「中国の兄弟クラブ」からブラジル人アタッカーを借りる?

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2017年12月13日

補強ポイントを埋める格好のターゲット。

2016年から江蘇蘇寧でプレーしているA・テイシェイラ。今冬に兄弟クラブのインテルへレンタル移籍か? (C)Getty Images

画像を見る

 インテルに中国からさらなるサポートか?
 今冬のメルカートで注目すべきポイントのひとつがそこにある。
 
 中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は、インテルと同じ蘇寧グループ傘下にある。今年5月からグループ全体の強化戦略を統括しているワルテル・サバティーニの下、今後両クラブの連携が強化されることは十分考えられる。
 
 2017年シーズンは12位に終わった江蘇蘇寧だが、アレックス・テイシェイラ(元シャフタール)、ラミレス(元チェルシー)というブラジル人MFをふたり擁している。いずれも欧州トップシーンでも通用しうる実力者だ。
 
 その中でとりわけA・テイシェイラに関しては、1月からインテルにレンタル移籍させる構想が持ち上がっている。昨シーズンのトレント・セインズベリー(オーストラリア代表)と同じパターンだ。
 
 イバン・ペリシッチ、アントニオ・カンドレーバという崩しの切り札である両ウイングの頼れるバックアッパーが不在なインテルにとって、両翼とトップ下で打開力を発揮できるA・テイシェイラはたしかにお誂え向き。兄弟クラブからタダで借りられるとなれば、まさに言うことなしだろう。
 
 16節を終えたセリエAで首位をキープするインテルは、2009-10シーズン以来のスクデット獲得も視野に入っている。勝負の後半戦に向けてA・テイシェイラを補強する可能性は十分にある。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ