【W杯欧州予選プレーオフ展望】好調スイスの攻撃を北アイルランドが凌げるか

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年11月08日

最終節に敗れるまでは破竹の9連勝。

故障者/北アイルランド=ヒューズ(DF)、ボイス(FW) スイス=ジュルー(DF)、
出場停止/北アイルランド=なし スイス=なし

画像を見る

J・エバンス(左)を中心に堅守を誇る北アイルランド。シャキリ(右)らスイスの攻撃陣を抑えられるか。(C)Getty Images

画像を見る

ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフ(第1レグ)
11月9日(木)/ウィンザー・パーク
北アイルランド×スイス
 
 【注目ポイント】
●スイスのセフェロビッチが決定力を発揮できるか
●北アイルランドのセットプレー

 
【試合展望】
 英国の老舗ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』社の勝ち抜けオッズは、スイスの1.33倍に対し、北アイルランドは3.25倍。この数字からも明らかなように、スイスが優勢と見て間違いない。
 
 今予選では最終節でポルトガルに敗れるまで9連勝。とりわけ、崩しの切り札であるジェルダン・シャキリや、キャプテンのシュテファン・リヒトシュタイナーといった主力が好調を維持しているのが心強い。
 
 グラニト・ジャカやブレリム・ジェマイリが絡むチャンスメーク質は高いだけに、決定力に不安を残すCFハリス・セフェロビッチが決め切れるかどうかが鍵を握る。
 
 対する北アイルランドは、ベスト16に進出したEURO2016の時と同様に、粘り強い戦いぶりでプレーオフ出場を果たした。
 
 頼みの綱は、経験豊富なジョニー・エバンスとガレス・マコーリーのCBペアを中心とした堅守だ。予選10試合を6失点で凌ぎ切った。そのうち5失点はドイツ戦で喫したもので、それ以外の試合では1点しか奪われていない。
 
 この両CBを目掛けてスティーブン・デイビスが正確なボールを送り込むセットプレーも、大きな武器だ。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ