【番記者通信】「常勝オーラ」は色褪せ、「暗号」は解き明かされた|バイエルン

カテゴリ:メガクラブ

パトリック・シュトラッサー

2014年05月01日

マドリーに「地獄」を見せるつもりが…。

CLのホームゲームで0-4の大敗はクラブ史上最悪の敗北。大会連覇、2年連続3冠を狙ったバイエルンの夢が潰えた。 (C) Getty Images

画像を見る

 バイエルンは0-4と崩壊した。
 
 チャンピオンズ・リーグのホームゲームでこれだけの大敗を喫したのは、48年の大会の歴史で初めてのことである。レアル・マドリーがミュンヘンで勝ったのも、これが初めてだった。
 
 バイエルンはマドリーに、アリアンツ・アレーナで「地獄」を見せるつもりでいたが、逆に自分たちが破滅してしまった。
 
 ジョゼップ・グアルディオラにとっては、とくに辛い夜となった。よりによって、“宿敵”マドリーにこの屈辱を味わわされたのだから。誇り高きカタルーニャ人であるグアルディオラにとって、マドリーはつねに仇敵なのだ。
 
 2シーズン連続での3冠の可能性は潰えた。残されたのは、2冠制覇だ。ただ、そのためには、5月17日のポカール(DFBカップ)決勝でドルトムントに勝たなければならない。現在のチーム状態は、明らかにドルトムントが上だ。
 
 そういえば、バイエルンはマイスター(優勝チーム)だった……。ベルリンでブンデスリーガ優勝を決めたのは3月25日。はるか昔の出来事のような気がする。あの時のバイエルンは、史上最速のマイスターであり、あらゆる記録を塗り替え、プレーに関しても文句のつけようがなかった。彼らは頂点にいたのだ。
 
 そこからだ、急降下するのは。バイエルンはフォームを失い、リズムを失い、安定性を失った。それはグアルディオラのせいだろうか? グアルディオラは、「リーグ戦は終わった」と宣言し、残りの試合をテストマッチとして使った。そしてマンチェスター・ユナイテッドを下して準決勝進出を決めたのだが、本来の出来からは程遠かった。フィーリングは完全に失われていた。
 
 急激に色褪せたのは、ペップの「常勝オーラ」もだ。ボールを支配するサッカーの暗号は解かれてしまったかのようだ。
 
「我々が小さな成功を楽しめなくなったら、問題だろう」
 グアルディオラはそう言った。
 
 小さな成功? たしかに。昨シーズン、ユップ・ハインケス前監督の下で3冠を達成したバイエルンにとって、ブンデスリーガ制覇は小さな成功でしかない。
 
【記者】
Patrick STRASSER|Abendzeitung
パトリック・シュトラッサー/アーベントツァイトゥング
1975年ミュンヘン生まれ。10歳の時からバイエルンのホームゲームに通っていた筋金入りで、1998年にアーベントツァイトゥングの記者になり、2003年からバイエルンの番記者を務める。2010年に上梓した『ヘーネス、ここにあり!』、2012年の『まるで違う人間のように』(シャルケの元マネジャー、ルディ・アッサウアーの自伝)がともにベストセラーに。今年5月にはバイエルンのCBダンチの自伝を出版予定。
 
【翻訳】
円賀貴子
【関連記事】
【番記者通信】獰猛な本能を呼び覚まし、マドリーに「地獄」を|バイエルン
『WSD』のウェブ放談「専門誌編集部が見たCL準決勝」R・マドリー対バイエルン
【番記者通信】「気が抜けた」2連敗は危険な兆候?|バイエルン
バイエルン、圧倒的な戴冠劇のなぜ
【移籍市場超速報】マンジュキッチ争奪戦が過熱。チェルシー、アーセナルも乗り気

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ