「僕とメッシの時代は始まったばかり」C・ロナウドがFIFA最優秀選手を2年連続受賞

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月24日

「競争しているわけじゃない」と否定しながらも。

C・ロナウド(左)はメッシ(右)とのライバル関係を改めて否定しながらも、2人の時代はまだまだこれからとコメントした。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 まだまだ「2人の時代」は終わらない――。そう力強く宣言したのが、クリスチアーノ・ロナウドだ。
 
 現地時間10月23日、C・ロナウドはロンドンで開催された「ザ・ベストFIFAフットボール・アウォーズ2017」でFIFA男子最優秀選手賞を受賞。最終候補に残っていた3人の得票率は、C・ロナウドが43.16%、リオネル・メッシが19.25%、ネイマールが6.97%だった。
 
 C・ロナウドの同賞受賞は2年連続5度目で、メッシとトロフィー回数で並んだ。同じ時代を生きるスーパースターとしてなにかと比較される2人。英誌『FourFourTwo』によれば、ポルトガル代表FWはアワード後にこう語ったという。
 
「僕はレオ(メッシの愛称)と個人的な競争をしているわけじゃない。彼は同じ時代を生きる選手で、彼も僕も世界最優秀選手を5回ずつ受賞している。僕は世界最高のクラブでここ数年、高いレベルを証明できたと思っている。人生は何が起こるか分からないけど、今はこの素晴らしい瞬間を楽しみたい」
 
 いつも通りメッシとのライバル関係を否定したC・ロナウドだが、さらに「C・ロナウド対メッシの時代は終わったのか?」と問われると、「まだ終わっていないよ。始まったばっかりさ」と断言している。
 
 2008年以降のFIFA年間最優秀選手とバロンドールは2人で独占し続けるなど、ここ10年間のサッカー界は完全に「C・ロナウドとメッシの時代」だ。前者は32歳、後者は30歳になったが、はたしてどこまで覇権に君臨し続けるのだろうか。

【PHOTO】FIFA授賞式を彩った美女パートナーたち
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ