セードルフの後任はインザーギ? 予断を許さないミラン監督人事

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年04月24日

「後見人」ベルルスコーニも擁護しようとは…。

クラブOBでもあるインザーギは、プリマベーラの監督として手腕を発揮。元同僚セードルフの後を継ぐことになるのか。 (C) Getty Images

画像を見る

 セリエAで5連勝中にもかかわらず、クラレンス・セードルフ監督の株は上がらない。チームを十分に掌握しているとは言えず、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長とは冷たい関係が続いている。
 
 セードルフを監督に据えた「後見人」であるオーナーのシルビオ・ベルルスコーニも、そんな状況ながらセードルフを擁護しようとはしない。契約は2016年までだが、シーズン終了後にはその職を解かれる可能性が濃厚というのが、支配的な見方だ。
 
 この先どうなるかは、ピッチ上の結果以上に、セードルフがチームとクラブの信頼をどこまで回復できるかにかかってくるだろう。もしそれがうまくいかなければ、後任候補の筆頭は下部組織でプリマベーラ(U-19)を率いるフィリッポ・インザーギだ。
 
 ガッリアーニが以前からインザーギの昇格を望んでいるのは周知の事実。ベルルスコーニのお気に入りと言われるヴィンチェンツォ・モンテッラは、フィオレンティーナとの契約解消のために600万ユーロ(約8億4000万円)の違約金が必要で、これはいまのミランには高すぎる金額だ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ