塩谷 司(広島)「W杯でどこまでやれるか試したい」

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年04月23日

攻守で決定的な仕事を果たし、3月の「コカコーラJリーグ月間MVP」にも選出された。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 あらゆる状況に対応できるセンターバックであると同時に、抜群のタイミングで前線に上がり、難しいシュートをあっさり決めて見せる。強く正確なキックは味方をピンチから救うとともに、スルーパス、FKと攻撃でも活かされている。

 攻守で決定的な仕事を果たせる塩谷司は、昨シーズンに覚醒を果たして以降、急激な上昇曲線を今なお描き続けており、残りわずかとなったブラジル行きのチケットを滑り込みで手に入れることができるのかどうかが注目される。

――◆――◆――

――日本代表合宿に呼ばれたのは、どこが評価されてのことだと思いますか?
「どこですかね(笑)。ずっとチームが結果を出し続けていますし、そのなかで個人としても着実に良くなってきている手応えがあるので、そこを見てもらえたんじゃないでしょうか。アピールしたいのは1対1の強さや運動量。あとはシュートチャンスがあったら打っていきたいです」

――今シーズン、Jリーグではここまで5得点です。
「うまくいきすぎですね(笑)。得点が続いているのは良いことだと思うんですけど、やっぱりもっと守備を頑張らないと。昨シーズンよりも失点が多いので、そこはもっとこだわっていきたいと思います」

――攻撃面に関して、具体的に昨シーズンと何が違いますか?
「上がるタイミングが掴めてきたし、フリーランニングの質も上がっていると思います。回数自体が増えたし、思い切ったプレーができるようになりましたね。チャンスがあればどんどん上がっていって、シュートで終わるイメージを常に持っています」

――今シーズンは直接FKを2本も叩き込んでいます。
「それまでFKの練習はしていませんでした。川崎戦の時は、監督に蹴れと言われて、えっ? っていう感じで。最初は(高萩)洋次郎くんが壁の位置を見た時に『決められるかも』って言ったんですけど、壁が少しずつ前に出てきたので、『厳しいかも』と(笑)。もう覚悟を持って蹴るだけでした。コースはぎりぎりだったので、もう1回あのシュートを蹴れと言われても、できないでしょうね。本当にまぐれです(笑)」

――FKの練習はするようになりましたか?
「セットプレーを確認する時に蹴ったりはしています。ただ、責任も生まれてくるから、できれば蹴りたくないんです(笑)」
【関連記事】
川又堅碁(アルビレックス新潟)「今は動揺も気負いもない」
週刊サッカーダイジェスト代表担当が探る――日本代表候補合宿の成果
サプライズ招集はあるのか? 週刊サッカーダイジェスト編集長が日本代表候補合宿を斬る
【日本代表】代表候補合宿のメンバー23名発表!!
【2014 J1結果・採点|8節】新潟対広島

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ