【セルジオ越後の天国と地獄】狙いや効果が分からない候補合宿

カテゴリ:特集

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年04月17日

サバイバルを煽るのはマスコミの勝手な解釈。

練習試合でゴールを奪った川又がアピールに成功した――そんな報道に、セルジオ氏は疑問を呈す。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 『週刊サッカーダイジェスト』の人気コーナー「セルジオ越後の天国と地獄」がサッカーダイジェストWebで公開!

 4月上旬の日本代表候補合宿に、セルジオ越後が物申す。

※週刊サッカーダイジェスト4.29号(4月15日発売号)より

 4月7日から9日まで3日間のスケジュールで、日本代表候補キャンプが行なわれたね。

 新聞には「サバイバル」とか「最終オーディション」なんて見出しが踊っていたけど、それはマスコミが勝手に付けたネーミングであって、ザッケローニ監督が今回のメンバーからワールドカップに連れて行く選手を選ぶと明言したわけじゃない。だから、僕にはちょっと的外れな気がしたよ。

 合宿が終わった今でも僕は、今回の本当の狙いが分からなかった。

 少ない回数だけどすでに代表に呼ばれた経験のある青山や齋藤、工藤、柴崎らのポテンシャルが高いのは僕にも分かる。川又や塩谷、南野といった初めて呼ばれた選手たちが可能性を秘めていることも理解している。

 だから、このような合宿が2月に行なわれ、「サバイバル」や「オーディション」を通過したものが3月5日のニュージーランド戦で試されたというなら納得がいくんだ。そして、そこでアピールに成功した者がワールドカップメンバーに選ばれる可能性を残しながら5月12日の発表を迎えるというのが、普通の流れだと思う。

 合宿の最終日にザッケローニ監督は、こんなことを言ったそうだ。

「各々のクラブであればチームメイトとの関係に慣れているから、素早いコンビネーションやスムーズな流れでプレーができると思うが、慣れていないメンバーの中に入っても素早いコンビネーションが出せるのかどうか。出せるのであればコンビネーションが得意な選手であるとか、そういったことを見極めるのが重要だと思っていた」

 だとするならば、なおさら慣れていない同士ではなく、遠藤や今野、柿谷といった主力メンバーと一緒にプレーをさせて、そこでも素早いコンビネーションを出せるのかを見極めたほうが、よっぽど有意義だったはずだ。

 それにボランチ、SB、CBのレギュラーメンバーに怪我人が多い今、改めて憲剛や駒野、伊野波、栗原といったそのポジションのベテランがどういうコンディションにあるのか、確認しておかなくて良かったのかという疑問がある。「ベテランのことは分かっている」とザッケローニ監督はよく言うけれど、コンディションやメンタリティは手元に呼んでみないと分からないものだからね。
【関連記事】
週刊サッカーダイジェスト代表担当が探る――日本代表候補合宿の成果
サプライズ招集はあるのか? 週刊サッカーダイジェスト編集長が日本代表候補合宿を斬る
【日本代表】代表候補合宿のメンバー23名発表!!
W杯ライバル攻略法|緩いプレスがギリシャの泣きどころ
W杯ライバル攻略法|脆弱な守備がコートジボワールの穴

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ