3戦2発! 宇佐美貴史のレーザーショットを独メディアが「稲妻のような一撃」と激賞!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月24日

「ザンクト・パウリの守備者はどこにいた?」。

初のスタメン出場できっちり結果を残した宇佐美。デュッセルドルフで着実に足場を固めている。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツ2部リーグで奮闘する宇佐美貴史が、またしても鮮烈ゴールを決めた。これで移籍後2点目。初のスタメン出場となった試合で勝利に貢献し、指揮官とサポーターの信頼を勝ち取った。
 
 宇佐美を擁するフォルトゥナ・デュッセルドルフは、第8節をザンクト・パウリの敵地で戦った。序盤から攻勢を仕掛けると、開始9分にあっさりと先制点を奪う。CKの流れから、DFカーン・アイハンが落とした球に宇佐美が反応。ゴール前15メートルの位置から豪快に右足でジャストミートすると、鋭いシュート回転がかかった弾道でぶち抜いた。
 
 試合はその後、両チームとも1点ずつを取り合い、2-1でデュッセルドルフが勝利。3ポイントを上積みし、首位を快走している。
 
 現地ドイツのメディアも、宇佐美の一撃を一斉に報じた。
 
 全国紙『BILD』は、「立ち上がりからデュッセルドルフが攻め立て、勢いのままに先制する。豪快に決めたのはウサミだ。(中略)こぼれてきた球を完璧に捉え、綺麗に蹴り込んだ」と得点シーンを描写し、「ザンクト・パウリの守備者はどこにいた? ウサミはあまりにもドフリーだった」と記した。
 
 同じく全国紙の『NDR』は「日本人プレーヤーのウサミの嗅覚が冴えた」と評し、「的確な位置取りでボールを呼び込んだ。ショットはパーフェクト。ザンクト・パウリはGKもDFたちも呆然として見送るしかなかった」とレポートしている。
 
 デュッセルドルフの地元紙『Rheinische Post』は、まずアウェーながら高質なパフォーマンスを披露したチームを称えつつ、宇佐美のゴールに関しては「稲妻のような一撃。(フリードヘルム)フンケル監督の先発起用が吉と出たのだ」と書き綴った。そしてクラブのホームぺージでは、「ウサミのゴールは、会場に駆け付けた3000人の(デュッセルドルフの)サポーターを熱狂させた。ボールを正確に捉えたショットで、強烈に変化しながらゴールネットに突き刺さった」と表現している。
 
 初スタメンできっちりゴールを決め、これで移籍後3試合に出場して2得点。新天地で宇佐美は、着実に足場を固めている。
【関連記事】
「もはやゴールマシンだ!」「レスターの生命線」リバプールを追い詰めた岡崎慎司を英各紙が称賛
宇佐美貴史、GKが一歩も動けない強烈な一撃でデュッセルドルフに先制点をもたらす!
小林祐希が左足ミドルで大殊勲弾! 地元紙が「ウルトラショット」「自信満々の一発」と称える
「希望の星だ!」「恐れを知らない仕掛け」 強豪ポルト戦で輝いた中島翔哉を地元紙が絶賛
堂安律が電光石火の移籍後初ゴール!「得意な形。頭をバンバン叩かれました」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ