中村俊輔がJ1で24発目のFK弾! 低い弾道でサイドネットを射抜き決勝点に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月23日

中村俊は今季4ゴール目。磐田が大宮を下す。

直接FKで今季4ゴール目を決めた中村俊。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ27節]磐田 2-1 大宮/9月23日/ヤマハ

 磐田が中村俊輔のFK弾を含む前半の2ゴールで、2-1と大宮を下した。

 試合は立ち上がりからホームの磐田がペースを掴み、大宮ゴールに迫る。そして20分、磐田は敵陣ペナルティエリアの手前でFKを獲得。キッカーの中村俊は、低い弾道のキックを放つと、これがDF高橋祥平の出した右足を掠め、ゴール右のサイドネットを豪快に揺らす。磐田が先制した。中村俊は、これがJ1リーグでの24発目となる直接FKによるゴールとなった。

 さらに磐田は8分後、高橋から川又堅碁のポストプレーを経由してムサエフが抜け出す。シュートはいったんはGK加藤順大に弾かれたものの、こぼれ球をムサエフが難なく押し込み、2点目を挙げる。

 大宮の反撃は後半に入り、48分。大前とのパス交換でペナルティエリアに進入したマテウスが右足のシュートを決める。大宮が2‐1と1点差に迫る。

 磐田はその後、大宮の攻勢にやや受けに回るが、ゴールは許さず2-1で勝利。勝点を46に積み上げ、6位をキープした。一方の大宮は勝点を積み上げられず、今節は17位にとどまっている。
【関連記事】
昨季シンガポールリーグMVPの日本人FWが覚醒か!? 新潟が切り札の2発で札幌とドロー
浦和相手のドロー決着を悔やんだ名波監督「終始ブサイクなゲームだった」
稲本潤一が約1年3か月ぶりの公式戦復帰! 右膝の大怪我を乗り越え3季ぶりにJ1のピッチへ
大宮の監督の目に留まった「小さい頃から知っていた」筑波大のある選手とは
ジーコが鹿島に残したもの。クラブ創成期の忘れられない光景とは【石井正忠×岩政大樹#5】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ